私達の安らぎを妨げる害虫「ゴキブリ」。
遭遇するのはとても嫌ですが、見つけてしまえば駆除ができるので安心と言えば安心ですね。

しかし厄介なのが逃げられてしまった時。
もし寝室なんかで見失ってしまったら、気になって安眠できません。
今回はそんな時のために、もしゴキブリに逃げられた場合の対処法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

おすすめのゴキブリ退治方法

まずはゴキブリを見つけても逃げられないことが一番大事。
その場で退治してしまえれば、それに越したことはありません。
ゴキブリを一瞬で退治するのには、いくつかの方法があります。

1.スリッパや新聞紙で叩く

最も一瞬でゴキブリを葬れるのはこの方法です。
手近にある「ある程度硬さがあり持ちやすいもの」を手に持ち、慎重に近づいて叩きます。

この時、後ろからではなく前から狙うのがポイント。
お尻には風を感知する器官があるので、逃げられないようにするためです。

 

しかしゴキブリはバックができない習性を持っており、衝撃を受けると前に突っ込んできます。
そうすると虫嫌いな人は悲鳴を上げることになりますので、必ず一撃で仕留めましょう。

2.殺虫剤

ゴキブリ退治と言えば殺虫剤。
最近の殺虫剤はとても性能が良く、うまくいけば一瞬で退治することができます。

 

特に凍結して殺すタイプのものは回りも汚れないので、寝室やキッチンでも抵抗なく使える優れもの。
ただしいつでもすぐに手に取れる場所に置いておかないと、目を離した隙に逃げられてしまうので気を付けましょう。

3.熱湯や洗剤をかける

ちょうどキッチンで作業をしている場合などは、これらの方法がおすすめ。
熱湯の場合はまわりも汚れないし、即死してくれるし、メリットばかりです。

 

ただし、ちょうどタイミング良く熱湯がある場合じゃないと難しいですね。
洗剤をゴキブリにかけるとお腹にある気道がふさがれて窒息死します。
しかしこれには「死ぬまでに時間がかかる」「後片付けが大変」というデメリットも。

もし逃げられたらどうする?

ゴキブリの姿を見つけたのに、逃げられてしまったらさあ大変!
そもそも見つけていなければ安眠できたのに、存在することがわかったら急に怖くなってしまいますよね。

 

私も一度ゴキブリに逃げられた時に、ちょっとした物音がするだけで「ゴキブリじゃないか!?」とドキドキしてなかなか寝付けなかったことがあります。
そういった場合にはどう対処したら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

1.待ち伏せタイプの罠や殺虫剤

逃げ込んだ場所が分かっている場合には、待ち伏せタイプの罠や殺虫剤が有効です。

特に、散布した場所をゴキブリが通っただけで殺せるタイプのスプレーがおすすめ。
ゴキブリがいるであろう場所の周りをぐるっと囲むように散布しておくと、もうどこへ行こうとしても殺虫剤の上を通らざるを得ません。

2.忌避剤を使う

どこに逃げ込んだかわからない場合や、寝室などであまり殺虫剤を振り撒きたくない場合は、ゴキブリが部屋から出ていくように仕向けましょう。

ハーブを枕元に置いてみたり、ハッカ油を薄めたものをスプレーすることで、ゴキブリを寄せつけない効果が期待できます。
夏だと、蚊取り線香にも多少ですがゴキブリを寄せつけない効果があると言われています。

3.燻煙剤を使う

時間に余裕がある場合は、ドラッグストアなどで燻煙剤を買ってきて使いましょう。
これなら他に隠れているゴキブリがいる場合でも退治することができます。

ゴキブリの対処法についてのまとめ

ゴキブリを確実に退治するためには、逃げられた場合も想定して何パターンもの退治方法を頭に入れておくことが重要。
もしいきなり遭遇しても冷静に対処できるように、あらかじめシミュレーションしておくのも一つの手ですね。
常にいくつかの退治グッズを用意しておくと、より安心です。

(ライター もんぷち)

■「これは気持ち悪い!」グロい虫ランキング

■ マンホールに殺虫剤を噴射したらゴキブリが大量に出てくるの?

■ おすすめのゴキブリ対策 5選

■ 蚊取り線香はゴキブリにも効く?

■「ゴキブリ」は死なない!?生命力が凄いと言われる理由

■ 赤い「ゴキブリ」みたいな虫の正体は?

■ ゴキブリの寿命ってどれくらい?

■ トイレに出た「ゴキブリ」をそのまま流しても良い?

■ これが「ゴキブリの卵」? 見つけたらどうすれば良い?

■ 「ゴキブリ」は知能が高い?なつくかも知れない?

■「ゴキブリ」最高速度は時速何キロ?

■「ゴキブリ」の鳴き声ってどんなの?

■ 真っ黒で巨大な「オオゴキブリ」が地味に気持ち悪い!

■ ゴキブリは冬にはどうしてる?

スポンサーリンク