おとぎ話の中心にもなっている馴染みのある野鳥、スズメ。

チュンチュンという鳴き声が可愛らしいスズメの寿命は一体どれくらいなのでしょう。

スポンサーリンク

スズメについて

スズメは皆さん誰もが一度は目にしたことがある野鳥ではないでしょうか。

全長は14~15㎝ほどで、体重は18~27g、オスとメスは同じ色をしています。

普段は可愛らしくチュンチュンと鳴いていますが、縄張りを主張するときなどはジュクジュクという濁ったような鳴き声を出すこともあります。

 

日本には多くの地域で留鳥として存在していますが、一部の地域では旅鳥として存在します。

2008年には1800万羽程度が確認されていて、この数は1990年の調査に比べるとほぼ半数で、ここ20年ほどでは大幅に減少しています。

この理由としてはスズメの好むお米の収穫がそれまでの天日干しから大規模なコンバインでの収穫に変わり、エサである米を摂取しにくくなったことが考えられるといわれています。

 

食べ物は雑食性。

イネ科が中心で、植物の種子や虫を食べる他、都市部に生息するスズメは桜の花の蜜やパン屑、生ごみなどを食べています。

この何でも食べる習性によってスズメはここまで繁殖してきたと考えられています。

繁殖時期は3~8月、年に2回程度の繁殖時期があり、天敵を避けるためにわざと人間の近くで繁殖行動をとるという報告もあります。

 

毎日一つずつ卵を産み、一回の産卵で4~8個の卵を育てるといわれていますが、9~10個観察された場所もあるとか。

親鳥は14日間卵を抱卵し、雛が孵化するとすぐに巣立っていきます。

野生スズメの寿命

多くても10個、少なければ4個の卵が孵化したとして、その雛たちが無事に冬を越せる確率は非常に低く、1羽程といわれています。

野生の状態では多くの雛たちが寒さや天敵にやられ、生き延びることが出来ないというわけです。

運よく、冬を越せた鳥たちも最近の調査では1年半ほどの寿命だそうです。

最長記録は6年という報告もあるようですが。

スポンサーリンク

飼育スズメの寿命

一方、春先などに巣立ちに失敗したスズメの雛が地面でチュンチュンと鳴いているのを保護したことのある方もいるのでは?

人間がスズメの飼育をした場合はどのくらいの寿命があるのでしょう。

 

日本野鳥の会などでは、基本的に野鳥を人間が飼育するべきではないとして、スズメの雛を見つけても、2~3時間ほどはその場で親スズメが来るのを見守りましょうと言っています。

実際、スズメの飼育は他のインコやシジュウカラなどと違って飼育するには面倒な点が多いようです。

例えば、とても飛翔力のあるスズメは、かご内で飛び回り自分自身の体を傷つけてしまう場合が多くあります。

また、糞も多いので掃除が毎日の大変だったり、砂浴びという羽や皮膚を綺麗にする行動を頻繁にとるので、周りに砂が飛び散ってしまうのも大きな難点です。

こんなことから一般的にはスズメを飼う人は多くないようです。

ただ、上手に飼って毎日世話をしてあげると非常に人懐っこい鳥であることも確か。

 

きちんと人を見分ける能力もあります。

お世話してくれるいつもの人と突発的に外からの来た人を区別することもできます。そうなってくるとちょっと可愛いですよね。

バランスの良いエサやかご内の清潔感、また、スズメを飼ったことのある知り合いは、エサと糞の時間帯を大体把握して、それ以外の時に空間内を自由に飛び回らせていました。

そんな風に手間をかけて可愛がってあげると、10年ほどは生きるようです。

15年という記述も見かけました。

 

とにかく、野生と飼育では寿命に大きな差が出るがスズメというちっちゃな野鳥です。

自然界にどれだけ敵が多いかがわかりますね。ちなみに一番の天敵は繁殖力の高いカラスのようですよ。

(ライター ナオ)

■「白い鳩」が縁起が良いと言われるのはなぜ?

■「ツバメの巣」が縁起が良いと言われるのはなぜ?

■知らないようで聞いたことがある?「鳩の鳴き声」

■かわいけど害鳥? 「鳩」が集まらないようにする対策は?

■白鷺って種類の鳥は、実は存在しなかった

■「タンチョウ(丹頂鶴)」は 鶴の恩返しのモデルの鳥

■「アヒル」と「鴨」は違うようで違わない?

■「鷹(ワシ)」と「鷲(タカ)」の違いは実は…○○だった!

スポンサーリンク