海のギャングともいえるシャチ。

一方水族館などでは、見事なショーを見せてくれる人気物でもあります。

そんな彼らの天敵は一体何なのでしょう?

スポンサーリンク

シャチの生態

シャチはクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属に分類され、体長はオスで5.8~6.7m、3000~5000kg、メスで4.9~5,8m、1000~3500kgほどの大きさがあります。

背面は黒色で、腹面が白色、両目の上にはアイパッチと呼ばれる白い模様が入っています。

アイパッチの入り方や形などによって4つのタイプに分けられていて、世界中の海に生息しています。

クジラ目では珍しく、地中海やアラビア海などにも生息しており、時に川を何十キロも遡上したりするのだとか。

 

日本では北海道の根室半島から北方四島にかけてや、和歌山県太地町で目撃例があります。

シャチは噴気孔の奥にある溝からメロンと呼ばれる脂肪を凝縮して発射し、音波を出しています。

 

下顎の骨でその振動を感じることによって、前方に何があるかを判断し、エサなどを捕食していると考えられています。

エサは魚やイカ、海鳥などの小型のものから、オタリア、アザラシ、イルカ、ホッキョクグマなどの大型の哺乳類まで様々。

 

知能が高く、氷の下からの奇襲や挟み撃ちなど高度な狩りの技術を持っています。

生態系のトップに位置し、天敵はいません。

 

利益にならない戦闘は避けたり、食べる必要のないものを襲わないという、賢い面を持っています。

オスの平均寿命は30歳で最高寿命は50歳、メスは平均が50歳で最高は80歳と言われています。

シャチと人間の関わり

シャチはアイヌ語でレプンカムイと呼ばれ、これは沖の神様という意味合いを持っています。

人間を捕食のために襲うということは無いようですが、興味のあるものには自ら近寄っていくような習性もあり、歯と顎の大きさから考えると、シャチが本気を出せば人間は一撃でやられてしまいます。

スポンサーリンク

 

シャチにとってはただじゃれあっているだけのつもりでも、体の大きを考えれば、それさえも人間にとってはかなりの打撃になるということ。

実際、仲間に危害をくわえた人間を襲った例や水族館のトレーナーの事故事例はいくつかあります。

 

しかし、一方で人に懐きやすく、訓練への適応能力も高い為、水族館などでのはショータイムの花形という一面もあり、恐ろしさと可愛さの両方を併せ持っているのがシャチと言えるのです。

シャチの天敵

自然界の海において、シャチの天敵はホオジロザメと思っている人が多いようですが、これは間違った認識のようです。

もともと何故ホオジロザメという存在が浮上してきたかについては、映画の影響が強いと言われています。

 

実際のシャチはほぼ無敵で、シャチを好んで襲うような動物は陸上にも海中にもいません。

ホオジロザメに関しては、むしろシャチの方が襲っていくほどで、クジラに関しても同じこと。

シャチを英語でキラーホエールと表現する所以です。

 

シャチは生態系の頂点に立っている生物と言えるのです。

唯一いるとすれば、それは人間でしょうかね。

シャチが見られる水族館

日本で初めてシャチの飼育に成功した鴨川シーワールドは、シャチのショーはもちろん、家族単位でシャチが楽しめる水族館です。

2017年7月24日現在で、日本でシャチを見られるのはこの水族館だけのようです。

 

世界的にみても42頭しか飼育されていないシャチ。

そのうちの13頭は野生で、29頭が飼育下で繁殖したものだと言われています。

日本では現在、学術目的以外のシャチの捕獲は禁止されています。

シャチの生態と天敵のまとめ

シャチはクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属に分類される。

日本の水族館ではシャチのショーなどが展開されていて、獰猛な一面を持ちながらも人に懐きやすい。

シャチの唯一の天敵は人間。自然界には存在しない。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク