ナメクジのイメージとは、どのようなものでしょう?

暗くジメジメした所にいる、気味の悪いネバネバした生き物・・とても直接手では触りたくないし、見るのもおぞましい・・そんなところでしょうか。

n1370664891

スポンサーリンク

ムシ好き少年であった私の場合も、ナメクジはどうも苦手で、見つけるたびに何度も塩をかけたことがあります。

でもそれはダンゴムシなどを突つくように面白がって遊ぶということではなく、ナメクジを本気で退治してやろうという思いが強かったのです。

ですから塩まみれになって見る見るうちにしぼんでいくナメクジに対して、かわいそうだというような感情はまったく湧いてきませんでした。

近い種であるカタツムリは大好きで、「お友だち」だったんですけどね・・(笑)

ナメクジは本当に塩で溶けるの?

さて、この塩で溶けるという話なのですが、みなさんお試しになったことはありますか?

溶けるというと語弊があるのですが、ナメクジの身体は確実に体積が小さくなり、しぼんでしまいます。

これは塩分濃度の違いによる浸透圧によるもので、ナメクジの体内にある水分が、体外に排出される結果なのです。

 

ナメクジは身体の85~90%が水分からなります。

人間だと約70%(赤ちゃんは80%近い)ですから、いかに水分が多いかわかりますよね。

ヒトには皮膚という素晴らしい組織がありますので、たとえ塩をすりこんでも内部からほとんど水分は出てきませんが、軟体動物であるナメクジは表皮が単純で、粘液に覆われて守られているだけなので、それを防ぐ手段がありません。

■これは気持ち悪い!グロい虫ランキング

内外の濃度差が大きいほど、水分はどんどん抜けていってしまい、少しの水と残りの10%ほどの有機物だけが残る・・そんな感じになってしまうのです。

これはなにも塩だけに限って起こる現象ではありません。

砂糖などの吸水性のある粉末であっても、焼酎や酢などの化学的な液体であっても、濃度に大きな差があれば、浸透圧によって水分は排出されてしまいますので、ナメクジの身体はしぼんでしまいます。

その後、すぐに水を与えるとある程度は復活できると言えるのですが、ナメクジの体内のダメージはとても大きく、数日以内に死んでしまうことが多いようです。

 

■「ナメクジ」は塩で溶ける?カタツムリの仲間なのに駆除される不快害虫

■「便所コオロギ カマドウマ」の恐怖!

■「便所虫」って一体なんですの?

■ 実は「ゲジゲジ」は益虫で良い奴だった!

■「猛毒を持つ危険生物ムカデ 」天敵や咬まれた時の対処法

■「ムカデ」のつがい説は本当か?

■「ヤスデ」はムカデに似ているけど実はいいやつかも?

ナメクジとカタツムリの違いは?

カタツムリとナメクジは親戚なのかとよく聞かれます。

はい、その通りです。同じ系統の軟体動物に属します。一般的には、殻を持つものがカタツムリで、持たないものがナメクジという分け方をしています。

でも、カタツムリの殻を取るとナメクジ・・というわけではありませんし、ナメクジがヤドカリのように殻を見つけてその中に入ればカタツムリになるというわけでもありません。

カタツムリは殻と身体が一体になっていますので、殻をはずしてしまうと死んでしまいます。

ナメクジもカタツムリも、もともとは貝だった

元々、カタツムリとナメクジの共通のご先祖様は、陸に上がった貝でした。

その後、進化の過程で、徐々に殻を失くす方向にカジを切ったのがナメクジなのです。

つまりカタツムリの進化形といってもよい存在なのです。

ナメクジにはいわゆるナメクジと一般に言われるナメクジ科のほかに、コウラナメクジ科などの種が多数存在します。

これらは同じ系統のものではなく、それぞれ元々のカタツムリ(陸貝)の種が殻を失っていく方向で進化していったものと考えられています。

 

殻をまったく失ってしまったものがナメクジ科の種ですが、ヒラコウラベッコウガイではまだ薄く平たい殻を持っています。

つまりカタツムリとナメクジの中間種のような位置にいます。

また、コウラナメクジ科では薄い楕円形の殻が体内に埋もれています。

ベッコウガイよりも更に進化して、よりナメクジに近付いてきた感じの種です。

 

こういった進化の過程を「ナメクジ化」と称することもあります。

海に生きているウミウシやアメフラシなどの軟体動物も、貝殻を失いナメクジのように進化した巻貝の仲間だと考えられています。

このような殻を失うという進化は、殻を背負うよりも動きがを自由になることにもつながっているはずですが、ナメクジが特別活発に動き回るようなことはありません。

ただしカサカムリナメクジ科の種などは、ミミズを捕食するため地中に入りこみますので、そういった環境に適応した進化だと言えます。

ナメクジに割合似ている生物に、ミミズやヒルが挙げられます。

薄暗いじめじめした所にいて、ヌルヌルした感じがよく似ていますよね。でもミミズは環形動物貧毛綱、ヒルは環形動物門ヒル綱ですので、まったく違う系統になります。

カタツムリに似たナメクジの生態

ナメクジとカタツムリは系統も同じですが、その形態や特徴もよく似ています。

ナメクジにはカタツムリ同様、触角が2対あります。大触角と呼ばれる長い方は先端に目があります。

ただし視力はほとんどなく、明暗を感じ取る程度です。

その分、嗅覚がとてもよく発達しています。

またカタツムリ同様、おろし金のようなギザギザである歯舌と呼ばれる小さな歯が多数存在しています。

その数は数千から2万本を超える種もいます。

 

ナメクジは夜行性と言われていますが、実はカタツムリ同様、暑さ寒さと乾燥に弱いので、夏の暑い時期の日中などは活動を控える傾向があるのです。

涼しい時期であれば日中に活動することもよくあります。

ナメクジは雑食性です。

場合によっては共食いをすることもありますし、生物の死骸などを食べることもあります。

ただし通常は植物食が多く、そのため農作物や家庭園芸の草花を食い荒らす害虫として駆除の対象になってしまいます。

 

軟らかい身体は、摩擦によって傷が付きやすいので、身体をネバネバの粘液が覆っています。

ナメクジは移動する時に、脚に相当する部分に大量の粘液を出し、それに乗っかるようにして歩きますので、その通り道には粘液の跡が残ります。

ですから、葉を食い荒らした犯人はすぐにわかってしまうというわけです。

カタツムリと行動はそっくりなのですが、同じことをしても、ナメクジの方が人間に憎まれて駆除の対象にされてしまうのです。

憎まれ、嫌われ、悪者にされてしまう、ちょっとかわいそうな存在なのです。

スポンサーリンク

ナメクジの天敵は?

ナメクジの天敵として、よくコウガイビルという扁形動物が挙げられています。

 

しかしコウガイビル自体の生息域が狭く、都会で遭遇することなど皆無に等しいといえます。

またハエの仲間では、ヤチバエ、クロバエ、ニクバエなどがナメクジやカタツムリに卵をうみつけ、幼虫が寄生します。

しかしこれも数が少なく、ナメクジを駆除したり、激減させるというほどにはなりません。

そう考えると、多くの肉食動物に捕食されますが、ナメクジには特定の天敵というものが少ないといえるのです。

ですからナメクジは、ときとして大繁殖をすることがあります。

ナメクジの駆除方法は?

そうした場合、農作物などに深刻な被害を与えることから、その駆除方法もいろいろと考え出されています。

ナメクジを集めて捕獲するのによくビールを使います。

これはナメクジが麦芽とビール酵母の香りを好むために、寄ってくるようです。

 

浅い容器などにビールを少量入れておくと簡単に捕獲することできます。

ただし泳げませんので、ビールの中で溺死することもあります。

有肺類であるため、水中では呼吸をすることができないからです。

ナメクジは銅を嫌う性質があると言われていますが、銅線などを張ってその侵入を防ごうとしても、効果がない場合もあります。

 

ただ、ナメクジは元々動きが緩慢ですし、居心地の良い場所からあまり移動したがりません。

エサの選り好みが少ないので、エサが豊富にある環境であれば、そこから移動することが少なく、一定の場所で過ごすことが多いのです。

キャベツや白菜などの野菜に中に入り込んだ個体は、それを食べ尽くすまでは、移動することなくずっとそこに居座り続けるのです。

ですから、ビールにしても、その他の駆除に使う薬剤にしても、エサが豊富にある環境でナメクジを誘引することはなかなか難しいのです。

ナメクジの学習能力

意外なことにナメクジには学習能力があります。

ナメクジは、おもに嗅覚を発達させながら進化してきたようで、4本の触角には、それぞれ嗅覚のセンサーが付いています。

これを使って食べ物のニオイをかぎ分け、味覚を使ってその味を記憶する能力があるのです。

数々の実験から証明されたのは、ニオイと味を関連付けて記憶するニオイ味覚連合学習という行動です。

例えば好きな食べ物のニオイと、そこに人工的に付けた苦い味とを関連付けて記憶することができるのです。

従ってそれ(苦い味=毒物)を避けて別の食べ物を選ぶのです。

ナメクジは、そういう能力を活かし、遠くにある魅力的な食べ物を探しまわることよりも、近くにある安全な食べ物を選ぶような性質があるのです。

ナメクジの交尾

ナメクジは、生態的にはカタツムリとほぼ同様の雌雄同体です。

単独で産卵することが可能ですが、ナメクジ同士で出会うと交尾をします。

その交尾はカタツムリと比較するとかなり激しいものです。

ジャマになる殻がない分、その身体を何重にも絡ませたり、刺激するために相手と咬み合うこともあります。

 

また交尾は長時間におよび、その解消が困難な場合には相手の生殖器を切り落とすようなこともあるようです。

ただし切り落とされても、容易に回復するようです。

その後、落ち葉の下などに直径1~3ミリほどの透明な卵を10~20個程度産みます。

孵化した子はカタツムリのように、ほぼ成体と同じ形をしています。

産卵時期は不定期ですが、夏や冬は避け、秋頃が最も多いと言われています。

蛇はナメクジを恐れる?

「三すくみ」という言葉があります。

それが発展して、じゃんけんという遊びにつながったようです。

グーはチョキに勝つがパーに負け、チョキはパーに勝つが、グーに負け、パーはグーに勝つがチョキに負けるという状況を言います。

三者がいる場合に、お互いに勝つものと負けるものがあることで、バランスを取りあっているような、動きが取れないような、そんな状態に陥ることを言います。

ヘビはカエルを丸呑みし、カエルはナメクジを食べます。

ところがヘビはナメクジを恐れるというところからこの三者に「三すくみ」が成立するとしています。

カエルがナメクジを食べてしまうと、カエルはヘビに捕食されてしまいますので、カエルは動くに動けない状態です。

同様にヘビもナメクジも動けません。

この大元になっているのは中国の古典なのですが、「螂蛆食蛇、蛇食蛙、蛙食螂蛆、互相食也」となっています。

この中の螂蛆をナメクジと訳しているようですが、正しくはムカデのようです。

ムカデには強い毒があるので、ヘビはムカデを恐れているということのようです。

 

ナメクジには毒はありませんが、無理やり毒を吐くとこじつけたりしたようです。

外来種であるバナナスラッグと呼ばれる大きなナメクジがいます。

バナナのような黄色い体色と20センチにもなる大きさが特徴なのですが、捕食者に襲われると全身から粘液を出して抵抗します。

この粘液には毒はありませんが、粘稠度が強く、ヘビやトカゲなどは丸呑みしようにもこの粘液がジャマをして、呑みこむことができないのです。そうしてナメクジは捕食者があきらめてしまうのを待つのです。

そう考えると、ナメクジがヘビに勝つことも間違いでもないような・・。

ナメクジは食べられる?寄生虫は?

さて、ナメクジは食べられるのでしょうか?

ごく近い種であるカタツムリが、きちんと認知された食材になっているわけですから、当然ナメクジも食用にされてもよいはずです。実際に、カナダではナメクジを食する習慣があるようです。

ただし、ナメクジにはカタツムリ同様、寄生虫がついていることが多いので、絶対に生食は避けるべきです。

日本でも古くからおこなわれている民間療法で、ナメクジを生のまま丸呑みするというものがあります。

心臓病やノドの荒れに効くと言われていますが、医学的な根拠はまったくありません。

むしろかなりの危険を伴う行為です。

加熱したうえでならば、毒を含むわけではありませんので、食用には適しているといえるかもしれません。あとは自己責任ですね(笑)

 

嫌われ者のナメクジを祀るナメクジ祭り

最後に『なめくじ祭り』というものがあるので、ご紹介しましょう。

この祭りは岐阜県中津川市で毎年旧暦7月9日(新暦では8月ごろ)に行われるものです。

恐らく日本ではナメクジを祀った唯一のお祭りでしょう。

鎌倉時代に、文覚上人という人がいました。

もともと遠藤盛遠という武将でしたが、友人の妻「袈裟御前」に懸想し、誤って斬り殺してしまったのです。

盛遠は罪を償うために出家し、荒修行の末、文覚という高僧になり、全国を周りこの地で没したそうです。その墓石には毎年7月9日になるとどこからともなくナメクジが現れ、明け方には消え去るそうです。

7月9日は「袈裟御前」の命日でもあるので、その化身となって文覚上人を許しに来るのだと伝えられています。

『なめくじ祭り』は、この地区の住人が文覚上人の墓石に這い上がったナメクジ(袈裟御前)を供養するために始めたということです。

従ってよそでは害虫扱いされるナメクジをこの地区ではとても大切に扱うそうです。

(投稿者:オニヤンマ)

スポンサーリンク