クマンバチは体、羽音もとても大きいので思わずスズメバチか何かと一瞬勘違いしてしまうことがありますね。

「体が大きいハチだから危険」というのはある意味直感的には正しい判断だと思います。

スポンサーリンク

けれども実はクマンバチはその巨大なな体から連想されるほど危険なハチではありません。

体が大きく、ブーンという大きな羽音を立てて飛来するクマンバチに遭遇した事はありませんか?

正体不明の大型昆虫が接近し、ましてやそれが蜂の仲間であれば誰でも相当に驚き、警戒心を強めるでしょう。

 

体長2cmを超える大型の蜂クマンバチは、ミツバチ科の蜂で、花の蜜・花粉を主な餌としており、他の小さな昆虫を捕食する事もなくとても大人しく攻撃性の低い蜂です。

見た目が大きいので凶悪な肉食昆虫かと思われがちですが実はそうではないのです。

また、クマンバチ人間にはほとんど関心を示しませんが、まれにオス蜂が人間の方に向かって飛んで来たり、周囲をホバリングする事があります。

これは人間を警戒しているであるとか、攻撃態勢に入っているのではなく動くもの全てをメスかどうか確認しようとする、クマンバチのオスの典型的な習性です。

それを知っていても、このような大型の蜂が接近してくれば思わず怯んでしましますが、そこは安心してください、クマンバチも他の蜂と同様に、オスには産卵管が変化した毒針がないので刺す事は出来ません。

捕まえると、一生懸命さす動作をしますが、いかんせん針がありませんので刺せません(笑)

 

営巣中のメスは刺す事がある

普段は大人しく、手で掴んだりしない限り滅多に人を刺すことがないクマンバチですが、やはり他の蜂と同様に営巣中のメスには近づかない方が良いようです。

スポンサーリンク

クマンバチのメスは、枯れ木や朽木に穴を穿ってその中に産卵します。

蜂の巣といえばスズメバチやアシナガバチ、ミツバチのように一匹の女王蜂を過去ってコロニーを作り、集団で子育てをするイメージがありますが、クマンバチは違います。

 

交尾後のメス蜂は単独で巣をつくり、巣穴で幼虫を守ったり餌を運んで与えたりします。

他の蜂と違って、クマンバチには社会性がないという事ですね。

なのでスズメバチのように集団でワラワラと人間を襲ったりはしないので、営巣中のメスでもそこまでの危険性はありません。

クマンバチに刺されたら痛い?

もちろん、クマンバチは体が大きいので毒針もその分太いです。

ですから、刺されればミツバチよりも遥かに痛いですが、その毒性は弱いのでスズメバチやアシナガバチに刺されて「アナフィラキシーショック」と呼ばれるアレルギーを引き起こす確率は極めて低いです。

確率はゼロではありませんので、100%大事に至らないとは言い切れませんが、その確率の低さを考えれ交通事故に遭う確率の方が何千倍も高いです。

まあ、好きで痛い思いをする人はいないと思いますので、痛い思いをしたくなければ営巣中のメスには近づかない方が良いでしょう。

クマンバチから蜂蜜はとれないの?

クマンバチはミツバチ同様に花の蜜などを運んでくるのですが、集団で巣を作らない為にまとまった量の蜜が集まりません。

従って養蜂には適していない蜂ですが、もしクマンバチにミツバチ同様の社会性があれば、体が大きい分集まる蜂蜜の量も多くなりそうですので、蜂蜜が取れたかも知れませんね。

因みに、ハチミツはミツバチだけからしか採れないと思ってます?

実はそうじゃないんですね。

詳細はコチラ!

■ミツバチ以外にハチミツを作る蜂はいる?

(ライター まるお)

■アシナガバチの危険性 おとなしいけど刺されると…

■スズメバチの殺傷力!最強の危険昆虫の被害を避ける為に知っておくべき事

■ジガバチやアメリカジガバチってどんな蜂?刺すの?

スポンサーリンク