小さな頃、草むらでピョンピョン跳ねて飛ぶバッタを捕まえて遊びましたね。

日本にはたくさんのバッタが生息しています。

今回は日本のバッタの種類について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トノサマバッタ

7~11月に草原や河川敷に現れるのが「トノサマバッタ」です。

日本のバッタのなかでも一番大きいお殿様です。

別名は「ダイミョウバッタ」とも呼びます。

トノサマバッタの体長ですが、オスは35~40mm、メスは45~65mmになります。

 

メスのほうが大きいです。

トノサマバッタには緑色の身体と、茶色の身体のものがいます。

 

それぞれ、単独か群れかどちらかで行動するものに分かれます。

単独で行動する孤独相のトノサマバッタは緑色の身体をしています。

 

翅は短いですが、後足が長いです。

私達がよく見かけるのは、孤独相のトノサマバッタですね。

 

群れで行動する群生相のトノサマバッタは茶色の身体をしています。

翅が長くて、後足が短いです。

 

トノサマバッタは草のなかでも特にススキなどの、イネ科の植物の葉が好きで、よく食べます。

飛翔力がとても高く、人の気配にも敏感です。

ショウリョウバッタ

日本以外にユーラシア大陸でも見ることができるのが「ショウリョウバッタ」です。

ショウリョウバッタは飛ぶときに「キチキチッ」っと音を立てるので別名「キチキチバッタ」とも言われます。

ショウリョウバッタの体長はオスが4.5cmぐらい、メスが8~9cmになります。

メスのほうが大きくて、体つきもガッチリしています。

 

ショウリョウバッタのメスは日本のバッタで一番大きいです。

ショウリョウバッタはスマートで細身の体型です。

スポンサーリンク

 

身体の色は緑色ですが、なかには茶色のショウリョウバッタもいます。

梅雨明け~晩秋に草原や河川敷で見ることができます。

 

イネ科の植物の葉が好きなので、イネ科の植物が生えているところにはよく生息しています。

都会でも、公園や芝生のあるところでも見ることができますよ。

オンブバッタ

手でも捕まえることができる「オンブバッタ」。

交尾している姿が、おんぶしているように見えるので、「オンブバッタ」と名前が付きました。

 

交尾していない時もおんぶしているんですけどね。

オンブバッタのオスは2.5cm、メスは4~4.2cm程の大きさで、バッタのなかでは小さめです。

 

オンブバッタの頭には小さなイボがあります。

身体の色は、緑色と茶色があります。

 

オンブバッタは翅がありますが、飛ぶことはなく、脚で跳ねたり、歩いたりして移動します。

オンブバッタは日本だけではなく、中国や台湾にも生息しています。

 

8月~11月に草原で見かけることができます。

オンブバッタはクズやカラムシ、シソなどの葉の広い植物を食べるので、花壇や家庭菜園にも現れます。

クルマバッタ

飛ぶときに「ブゥーン」と車の音のような音を出す「クルマバッタ」は、トノサマバッタとよく似ているバッタです。

違いは、後ろの翅に半月状の黒い模様があります。

 

飛ぶときに、この模様がタイヤが回っているように見えるので、「クルマバッタ」と言います。

身体の色は綺麗な緑色で、背中が少し盛り上がっています。

 

体長はオスが3.5~4.5cm、メスが5.5~6.5cmです。

7~11月に山間部や丘の草原で見ることができます。

日本のバッタの種類についてのまとめ

日本のバッタの種類をほんの一部ですが紹介しました。

聞いたことのある名前のバッタがいましたか?

 

ここでは紹介しきれませんでしたが、背中に2つのイボがある「イボバッタ」や、後ろの翅が青色で河原の近くに生息している「カワラバッタ」、草がまばらに生えている草原に生息している「マダラバッタ」などもいます。

まだまだ日本のバッタはたくさんいますので、興味のある方は調べてみてください。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク