季節の風物詩でもあるトンボ。

飛んでいるトンボの種類や彼らの行動に季節を感じることは少なくありません。

今回はそんなトンボの寿命に関するお話です。

スポンサーリンク

トンボの特徴と生態

トンボは世界中に5000種類、日本だけでも200種類が存在する、原始的な昆虫のひとつ。

原始の証拠に、蝉やコガネムシなどその他の昆虫のように、翅をそろえて閉じることが出来ません。

止まっている時も開いた状態か、4枚の翅をぱたんと閉じた状態。翅をしまうという機能がついていないんです。

卵は水中に産み、終齢幼虫まではヤゴとして水中に生息。エラ呼吸をして、水中のミジンコやボウフラなどを食べています。

終齢が近づくと近くの植物などに上り、夜に羽化してトンボとして飛び立っていきます。

 

ヤゴの時は田んぼの害虫を、トンボになってからも蚊などの厄介な存在を捕食するため、益虫として扱われることが多いトンボですが、ごく稀に、クワやコウゾなどの植物に卵を産み付け、養蚕農家さんたちには忌み嫌われる害虫になることもあります。

トンボの交尾

トンボの交尾は、ちょっと珍しい形で行われます。

植物の茎に止まっているハートの形をした2匹を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

トンボの生殖器は雌雄共々腹部の後端についています。

しかし、オスはここから精子を出して受精するのではなく、一旦腹部前端にある精子嚢に精子を保管。

 

生殖孔である後端部分はメスを抑えておくために使われるのです。

首根っこをオスの生殖孔で抑えられたメスは自分の腹部後端についている生殖孔をオスの腹部に押し当てます。

 

そこで貯めてあった精子を受け取り、受精するというわけです。

そして、この時の形がちょうどつがいのトンボが仲良くハート型になっているのです

トンボの寿命

多くの種類の中、私たちがよく知るトンボと言えば、アキアカネやオニヤンマ、イトトンボなどでしょうか。

スポンサーリンク

これらのトンボの寿命は1年もありません。

通常、多くのトンボたちが冬を越さずに死んでしまうのです。

もう少し詳しくみていくと、アキアカネやオニヤンマは孵化してから30~50日後には死んでしまいます。

イトトンボの中のアオイトトンボ科オツネトンボ、ホソミオツネトンボ、イトトンボ科のホソイトトンボはトンボの状態のまま冬を越します。

 

越冬と言ってもどこかに潜るわけではなく、木の幹に隠れたり、小屋の板の隙間などでじっとしているのですが、時折温かい日などには飛ぶこともあるようです。

これらのイトトンボの寿命は9~10か月だそうで、トンボの中ではかなりの長寿。

 

しかし、残念なことにトンボの中で自らの寿命を全うするものは少なく、ほとんどのトンボが事故や捕食によって途中で命を落としてしまいます。

つまり、実際の平均寿命は10日に満たないということがほとんどなのだそうです。

 

まあ、トンボには幼虫のヤゴ時代がありますから、ヤゴの期間を含めるともう少し長くなるものもいますが、アキアカネなどの通常の大きさのトンボはヤゴ時代を合わせても2~3か月伸びる程度。

 

イトトンボのヤゴ時代は1か月程なのです。

それに比べてオニヤンマのヤゴ期間は5~6年、つまりオニヤンマはトータルするとかなりの長寿ということになるわけです。

トンボの寿命に関するまとめ

トンボには多くの種類がいますが、そのほとんどが1年に満たない寿命です。

捕食や事故でその短い命さえも全うできないものが多いというのだから・・・・

 

私たちの良く知る、大空を自由自在に飛び回るあの姿は、トンボたちが一番輝いている時!?なのかもしれませんね。

子供の頃、無邪気に虫かごに入れて無意味にトンボの命を奪ってしまっていたことを今更ながら深く反省する次第です・・・・

(ライター ナオ)

スポンサーリンク