トンボというのは、日本ではかなりポピュラーな生き物ですよね。
秋になると田んぼなどでよく見かけるこのトンボを見ると、なぜか風情があったりしませんか?ところで、トンボというのはどれくらいの寿命をもっているのでしょうか。

今回はトンボの生態、寿命などについて紹介してみましょう。

トンボはバッタなどと同じく「不完全変態」

トンボは世界に約5000種類もいて、日本には200種類ほどがいるようです。
これだけの種類があるので、大型のものから15ミリくらいのものまで、さまざまなトンボが
確認されています。

スポンサーリンク

トンボというのは、卵から幼虫、幼虫から成虫といった成長段階がある
「不完全変態」昆虫です。

幼虫時は腹腔中に「エラ」の一種をもち、淡水で過ごしている水生昆虫です。

 

昆虫というのは卵から孵ると幼虫になります。
幼虫が成虫になる過程で「蛹」にいったんなる生物は「完全変態」
の生物であり、チョウやハエ、ハチなどがこれに該当します。

 

これは、古生代の悪化した気候に対応するために、蛹の期間を持つ事によって乗り切る進化だったという説もあります。

これに対して、蛹にならずに幼虫から成虫へとそのまま変態する形態が「不完全変態」です。
トンボ以外にもセミ・カマキリ・バッタなどが有名です。

トンボの幼虫時の生態

トンボの幼虫は「ヤゴ」と言って、水の中で生活しています。
下あごがを曲げ伸ばして獲物を挟みとって捕食します。

 

成長していくと捕食する対象も変わってきます。
まずミジンコ・ボウフラを食べていますが、その後おたまじゃくしや小魚まで
食べるようになり、なんと食べ物がないときは共食いもするようです。

 

幼虫でいる期間は種類によって1ヶ月から数年という差があります。
いよいよ成虫になるというときは、植物等に登って
夜の間に羽化して、成虫となります。

スポンサーリンク

トンボの成虫の平均寿命は!?

ほとんどのトンボは縄張りを持っていて、そこに他のオスが入ってくると攻撃してきます。

 

トンボの交尾というのは変わっていて、オスの腹部後端に首を固定したメスが、その腹部後端をオスの腹部前端と接することで精子を受け取りますが、このときに、メスとオスが全体でまるで「ハート型」のような一つの輪になるんです!交尾でハート型になるなんて、とんちが聞いてますね!

成虫となったトンボは、どれくらい生きているのかというと、だいたい3ケ月ほどの寿命とされています。

ベッコウトンボでは、長ければ羽化して50日くらい生きるものもあります。
越冬をしたり、「生殖休眠」をするトンボは寿命が長くなります。
これらの要因を含めた平均寿命は10日に満たないということが多いそうです。

 

ただし、3ヶ月といっても寿命をまっとうすることは珍しく、だいたいは事故・捕食で死ぬことになってしまうそうです。

というわけで、このようなことからトンボの平均寿命は10日とも言われいます。

自然の世界は厳しいですね。

戦国時代では「勝ち虫」として好まれていた

トンボと人間はどのように関係しているのでしょうか。
昔の中国や日本では、赤とんぼなどが百日咳・扁桃腺炎・梅毒等に効果があると信じらていて漢方薬として服用されていたそうです。

 

昔の日本では、トンボという生き物は害虫をすばやく捕食して前にしか進まない「不退転」
という意味で、「勝ち虫」とされて武士に好まれていました。

 

戦国時代の兜や鎧にもとんぼのマークがしたものが多くあり、江戸時代の浮世絵にもトンボが描かれていました。

現在では、トンボと人間の関係といえばやはり童話の「赤とんぼ」でしょう。
「夕焼け小焼けの赤とんぼ」というこのフレーズは、日本人のほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

トンボが飛んでいるとしみじみしますね

こうやってトンボのことをいろいろと知ってみると、トンボを見る目も違ってこないでしょうか?

空を飛ぶアカトンボというものは、秋を告げる風物詩として、多くの日本人に馴染みが深いものといえるでしょう。

ライター名:nabex

スポンサーリンク