働き者の日本人が忘れかけているスローライフを満喫している動物をご存知ですか?

それは、ゆっくりゆ~~っくりと動いていて、スロースローライフを送る「ミツユビ ナマケモノ」です。

とってもCUTEで可愛い「ミツユビ ナマケモノ」について詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

「ミツユビ ナマケモノ」って?

「ミツユビ ナマケモノ」は、哺乳綱 異節上目 有毛目ナマケモノ亜目に属する゛ナマケモノ(樹懶)゛です。

ミツユビ ナマケモノは、゛ミユビナマケモノ゛とも言います。

ナマケモノはいくつかの科に分かれていましたが、絶滅した科もあり、現在は、ミツユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科に分かれていて、5種類います。

南アメリカ・中央アメリカの熱帯林に生息しています。

 

ミツユビ ナマケモノは、3つの指しかない事と、ゆっくりゆっくりゆった~りと動く゛怠け者゛という名が合わさった名前になっています。

英語名であるthree-toed slothの゛Sloth゛も怠け者を意味しています。

「ミツユビ ナマケモノ」の特徴

ミツユビ ナマケモノの特徴は何といっても前後の指が3本しかないことです。

そして、頚椎が9個あります。

 

哺乳類では珍しく、体温を外気に合わせて変えることができます。

ミツユビ ナマケモノの体長は40~70cm、しっぽの長さは2~9cm、体重4~5kgです。

毛は柔らかいヘアブラシのような感じです。

 

夜行性で、ほぼ一生、木の枝の上で生活します。

1日19時間止まっていたり、1日の移動距離が38mだったりと、ほとんど動きません。

排便・排尿をするために、週に1度、木から降りてきます。

「ミツユビ ナマケモノ」の食事

ミツユビ ナマケモノには好き嫌いがありますが、基本的に草食系で、クワ科のセクロピアの木の葉などを食べます。

1日に8g~10gほどしか食べませんが。

 

それぞれミツユビ ナマケモノは好きな木が決まっているので、争いをすることもありません。

ミツユビ ナマケモノは、首を270度回転させることができるので、体を動かさずとも周りの葉を食べることができるんですよ。

「ミツユビ ナマケモノ」は泳げる?

ミツユビ ナマケモノは泳ぎがとても上手です!

スポンサーリンク

アマゾンなどでは、雨期に洪水になったりするので、ミツユビ ナマケモノは泳ぐ術を身につけています。

敵から逃げる時も、川を見つけると飛び込んで、泳いで行くんですよ。

エコ精神の「ミツユビ ナマケモノ」

ミツユビ ナマケモノは、週に1回木から降りて、地面に浅い穴を掘り、そこに排便をします。

そしてそのフンの上には、枯れ葉をきちんとかぶせます。

 

実はその行為が、ミツユビ ナマケモノが住んでいる木に、栄養を与えていることに繋がっているんです!

葉っぱから得た栄養の50%をフンとして木に与えているそうです。

「ミツユビ ナマケモノ」と一緒に暮らす

ミツユビ ナマケモノはペットとしても飼うことができます。

木の上で生活するので、大きめの木が数本必要です。

 

排便も決まったところにするので、トイレ砂を入れた容器を設置すればOKです。

飼育は簡単ですが、温度と湿度の管理をしっかりしてあげなければいけません。

 

餌を手渡しで与えたりできますが、ミツユビ ナマケモノはとっても動作が遅いので、イライラせずに気長にのんびりと、の~んびりと触れ合いましょう。

お散歩やお出かけは一緒に出来ませんが、お風呂やプールなんかを用意してあげると、泳ぐ姿が見られるかもしれませんね。

生活のほとんどを木の上で過ごしているミツユビ ナマケモノ。

 

動いているか動いていないかわからないぐらいの劇遅な動きが愛らしいですね。

ミツユビ ナマケモノのエコで平和な生活は、私たち人間も見習いたいですね。

(ライター 雲呑)

■ ウサギのようなネズミのような可愛い動物「マーラ」

■ 世界一小さなフィリピンのメガネザルが可愛いと話題!

■ 赤ちゃんが超かわいい「コビトカバ」

■ タテゴトアザラシの赤ちゃんがかわいいと話題!

■ 超かわいい「ゾウアザラシ」の赤ちゃん

■ パンダみたいで可愛いメガネグマって知ってる?

■ フェネックってかわいいけどキツネの仲間なの?

■ ペットとして人気のピグミーオポッサムって?

スポンサーリンク