一般的にサソリは毒を持っていると言われていますが、とても強力な毒を持ったサソリがいます。

人間の死亡例もあるとか、ないとか・・・。

とても恐ろしい毒を持つ「デスストーカー」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「デスストーカー」とは?

「デスストーカー(Deathstalker)」とは、日本では”オブトサソリ(尾太蠍)”と呼ばれているサソリです。

熱帯地域の中東やオーストラリア大陸、ヨーロッパに生息しています。

 

学名はLeiurus quinquestriatusです。

分類は、節足動物鋏角亜門サソリ目キョクトウサソリ科に属しているサソリです。

なぜ「デスストーカー」と呼ばれるのか?

デスストーカーって、死のストーカーと言うことで・・・何とも不気味な名前です。

Death=死 stalker=つきまとう・忍び寄る

直訳すると、「忍び寄る死」・「つきまとう死」

どちらも怖いっ!

 

デスストーカーという名前が付いたのは、デスストーカーの性格に通ずるところがあります。

デスストーカーは、狙った獲物は追い掛け回し、絶対に逃がしません!

 

気が荒く、攻撃的な性格で、執着心があるんです。

しかも、デスストーカーの持っている”毒”は、獲物を死に至らせる猛毒なのです。

「デスストーカー」の特徴

デスストーカーの体長は一般的に5~10cm程です。

サソリの中では、細身で小型~中型の大きさです。

 

体の色はイエローやグリーンの薄い色をしています。

日本名の”尾太蠍(オブトサソリ)”通り、サソリの持っているハサミより、尾が太いサソリです。

尾の先はブラックカラーになっています。

 

この尾を振って、獲物を捕らえたり、威嚇して身を守ったりします。

デスストーカーは昼間、石の下や巣穴に住んでいます。

夜行性の為、夜になったらエサ(獲物)を探しに出歩きます。

 

デスストーカーはとにかく行動が素早いんです!

動きがとても早いことも特徴のひとつです。

 

かなりの速さのスピードで走り、砂地を進んでいきます。

獲物を見つけると、素早いスピードで方向転換します。

スポンサーリンク

「デスストーカー」の毒

人間がデスストーカーに刺されて死亡した例があります!

それだけデスストーカーの”毒”は危険なんです!

 

デスストーカーの毒には、神経毒と言われているアジトキシン、スキラトキシン、カリブドトキシンが含まれています。

この毒は、神経を麻痺させます。

 

他にも、発声障害、呼吸困難、心臓発作などの症状が現れます。

アナフィラキシーにも注意が必要です。

 

デスストーカーが1回に注入する毒量は少ないのですが、デスストーカーに刺されると、

大人は悶え苦しむほどの激痛に見舞われます。

 

子どもは免疫力が低いため、死に至るような危険な状態になります。

デスストーカーに刺された子どもの死亡率は、全体の60%だと言われています。

「デスストーカー」の毒は病気に効く!?

デスストーカーの毒に含まれている物質が、実は人間の病気に効くと言われています。

糖尿病や脳腫瘍の治療に効果があるようで、研究が進められています。

 

ですが、病気に効くからと言って、デスストーカーの毒を自己判断で体に入れてはいけません。

デスストーカーはとっても危険な毒をもっているのです。

人間が死に至るほどの猛毒です!

 

もし、デスストーカーが手に入る事があったとしても、危険なのでやめて下さい。

自己判断はいけません!

「デスストーカー」はペットにできる?

デスストーカーの攻撃的で気性の荒い性格が、サソリを飼う初心者には向かないことと、

猛毒を持っているということから、日本ではペットとして飼うことが出来ません。

 

デスストーカーは、2006年から法律で輸入が禁止となっています。

台湾やアメリカなどでは販売しているそうですが、日本に持ち込むことは出来ません。

サソリ界において「デスストーカー」は、強力な猛毒を持っている一番危険なサソリなのです。

(ライター 雲呑)

■ 恐るべし危険な「毒虫」10選!

■ ミツバチなのに攻撃性が高い!?「アフリカナイズドミツバチ」の恐怖

■ 噛まれると超痛い蟻「パラポネラ」(サシハリアリ)

■ モフモフで可愛いけど猛毒の持ち主?「プス・キャタピラー」

■ 噛まれると幸せに昇天するかも知れない「ブラジルドクシボグモ」の毒

■ 猛毒を持つオブトサソリが危険!

スポンサーリンク