便所虫と言うと、昔ながらのスッポントイレ(汲み上げ式のトイレ)の近くに生息している虫なのかな?とまで想像する方は多いと思いますが、便所虫についてそれ以上知っている人も実は少ないようです。

今回は「ここが気になる!便所虫って一体なんですの?」についてまとめてみました。

便所虫=便所虫という昆虫ではないよ!

便所虫というと「便所虫」という虫や昆虫がいると誤解してしまう方もいると思いますが、厳密に言うとちょっと違います。

スポンサーリンク

便所虫とは、便所に多く生息する虫の俗称なんですね。

よくダンゴムシと間違われることがある便所虫もいますが、彼だけが「便所虫」なのではなく、便所虫と呼ばれる虫は他にも何種類か居るんです。

よく小学生とかの会話でよくOOに行っている・やっていることに由来してあだ名を付けられることがありますが、便所虫もそれと同じで便所近くに多く生息することが由縁で「便所虫」と呼ばれています。

便所虫の代表例「ワラジムシ」

小学生がよくダンゴムシと間違うのが便所虫の1種「ワラジムシ」です。

衝撃を与えると自分の身を守るために丸くなるダンゴムシとは違い、ワラジムシは丸くなることが出来ないのが特徴です。

形状も注意して観察すると、ワラジムシの方が若干横長でワラジの形に似ています。

これがワラジムシという名前の由来にもなっています。

ワラジムシは世間的に便所虫と呼ばれることが多い、まさにワラジムシと言えば便所虫!みたいになっていますね。

便所にはハエがいます。正体は「チョウバエ」

便所や湿地・水辺などに行くとハエより小さいけどハエみたいな生物が無数に飛んでいる光景を誰しも一度は目にしたことがあると思います。

その虫の正体は「チョウバエ」とよばれる昆虫です。

区分的にはハエよりも蚊に近い昆虫で、体長が4mm程度しかなく小さいのが特徴です。

場所によって大量発生して一箇所に固まって飛ぶことがあり、不快害虫とされています。

スポンサーリンク

チョウバエは、生命力が高いことで有名なゴキブリでさえ近づかなくなった場所でも発生することがあり、そのしぶとさから「最後の害虫」と呼ばれることもあるそうです。

チョウバエ自体がもともと汚い場所に生息することが多い虫なので納得です。

便所にいる便所コオロギ「カマドウマ」

私はお目に掛かったことはありませんが、よく便所にいるコオロギとして有名なのがカマドウマと呼ばれる通称「便所コオロギ」です。

昔ながらの木造日本家屋があった頃は、野山や畑から竈(かまど)に侵入して住み着いていたこともあり日本人には馴染みのコオロギの1種だったのですが、現代の隙間の少ない建物など生活環境の変化があって馴染みの少ない昆虫になってしまいました。

便所には蜘蛛(クモ)がいます。「ザトウムシ」

ザトウムシとは、小さな体と長い足を持つ独特な形をした生物です。一見するとクモだと思われがちですがクモとは別グループに属しています。

ザトウムシという名前の由来は、長い足で前を探りながら歩く様子から座頭虫という名が付いたと言われています。

体長は大きくても2cm程度で毒性などもありません。

森林などに多く生息しているザトウムシですが、便所の近くで見かけることもあります。

便所虫のまとめ

今回は便所虫についてまとめてみました。

便所虫=ワラジムシではなく、便所虫は複数の種類の虫の俗称だということは意外と多くの方は知らない情報だと思います。

最近は住環境の変化も著しく、昔ながらの汲み取り式便所なども少なくなってしまいました。

もし、実家や田舎の方に遊びに行く用事があって、昔ながらの家があれば便所虫がいないか探索してみるのも面白いかもしれません。

(ライター Sugi)

■「最凶の吸血昆虫ブヨ!」刺された時の対処法と撃退法

■「ガガンボ」って大きい蚊みたいだけど刺すの?害はある?

■ 暗殺昆虫「シオヤアブ」はスズメバチの天敵だった!

■「便所コオロギ カマドウマ」の恐怖!

スポンサーリンク