様々な生物のいる中で、大した恐怖を感じることもないナメクジ。

塩一つかければすぐに退治出来てしまうのですが‥‥油断して素手で触るのはちょっと待った!

ナメクジの特徴と生態

ナメクジもカタツムリと同じ軟体動物門の一種ではありますが、貝類ではなく、カタツムリの殻が退化してしまったものと考えられています。

スポンサーリンク

しかし、侮るなかれ!!ナメクジは生物の中では珍しく、セルロースを分解できる能力も持ち合わせている生き物なんです。

カタツムリの仲間はエスカルゴなどでも良く知られているように料理の材料としても使われることが多いのですが、ナメクジの場合はアラスカやカナダのごく一部の地域で食用している地域があるのみ。

 

食用にするときにはしっかりと火を通してから出ないと危険なのだとか。(カタツムリもそうですが・・)

ナメクジの中には退化の過程を象徴するかのように!?薄く平たいカタツムリのような殻を付けた種類が存在します。

 

ヒラコウラベッコウガイといって、殻の大部分が周囲の肉に覆われてしまっているのですが、明らかに透明の殻がついています。

日本でよく見られるナメクジはナメクジやチョコウラナメクジというもので、チャコウラナメクジは1970年代以降に見られるようになったヨーロッパ原産の外来種です。

 

山野にはヤマナメクジという大型種も生息していて、その体長は10㎝以上にもなるのだそう。

体は分厚くて触角は短いのが特徴。

 

沖縄にはヤンバルヤマナメクジやヒラコウラベッコウガイなども生息しています。

ナメクジはカタツムリと同じ雌雄同体で、お互いの生殖孔にペニスを入れ、精子を交換するような形で行われます。

ユーチューブなどでもその様子がアップされていますが、お互い絡み合って交尾している様子はどこか神秘的でもあります。

スポンサーリンク

ナメクジに寄生する寄生虫

実はナメクジは広東住血線虫という寄生虫を媒介することが知られています。

広東住血線虫の終宿主はネズミで、ネズミから排出された第1期幼虫が中間宿主のナメクジに摂取されてナメクジの体内で第3期の幼虫まで発育します。

このナメクジ類がネズミに摂取されると、第3期幼虫はネズミの中枢神経に移動してそこで第5期まで発育します。

第5期幼虫は今度は肺動脈へと移動して成虫になります。

人が感染する可能性があるのは、中間宿主であるナメクジやその他の待機宿主に汚染された食品を摂取したとき。

 

中間宿主としてはナメクジの他にもスクミリゴカイ等が代表で、これは南米産で食用としても一般的です。

台湾の21%、中国本土では42~69%、沖縄では10~39%の個体が広東住血線虫に感染していることが報告されています。

 

また、待機宿主としては、淡水性のカニやエビ、カエル、オオトカゲ、プラナリア等が挙げられ、ニューカレドニアのアマガエルの一種では53%もの個体が、またタイのオオトカゲでは95%の個体が広東住血線虫に感染していることも報告されています。

 

これらを万が一摂取してしまった場合は広東住血線虫は人の中で第3期幼虫のまま中枢神経に移動して出血や肉芽腫形成、好酸球性脊髄膜炎などを引き起こす可能性があり、適正な処置を行わなければ死亡するばあもあります。

 

症例として直接線虫が確認されることは少なく、多くの場合症状と症状前の行動など殻確認するのですが、主な症状としては頭痛や肩こり、知覚異常、子供の場合は嘔吐、発熱、眠気、腹痛などが伴います。

 

1945年に台湾で初めて最初の症例が報告され、それ以後世界中で3000近い症例が記録されていて、その多くはアジアの巻貝を食用にしている地域だそう。

日本で注意しなければいけないのは生野菜をよく洗わずに食べたり、野菜ジュースにしたりすることで感染する可能性が高く、生野菜を食べる時にはしっかりと洗ったり、農作業の後には手を洗うなどの対策が必要になります。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク