カブトムシは、クワガタムシとともに子供たちの人気を二分する最もポピュラーな昆虫です。

しかし、40種近いクワガタムシが日本に棲息しているのに対して、国内に棲息するカブトムシの仲間は片手に収まる程度です。

今回は、日本に棲息するカブトムシの種類とその生態をみなさんにご紹介していきます。

スポンサーリンク

日本に棲息するカブトムシの種類

日本には、ヤマトカブトムシ、コカブトムシ、サイカブト、クロマルカブトの四種類が棲息しています。

ヤマトカブトムシの生態

ヤマトカブトムシこそ、みなさんが真っ先に思い浮かべる“あの”カブトムシです。

赤みがかった褐色と大きなツノが特徴的で、成虫の全長はオスのツノも含めると8.0cm以上に達します。

成虫になると広葉樹の樹液を吸いますが、幼虫は腐葉土を食します。

沖縄本島に棲息するオキナワカブトや久米島に棲息するクメジマカブト、口永良部島に棲息するツチヤカブトの他、中国大陸に棲息するタイリクカブトムシや、台湾に棲息するツノボソカブト、タイに棲息するツノカブト、ミャンマーに棲息するカナモリカブトなど、その棲息地によって様々な亜種に分類されます。

コカブトムシの生態

全長は1.5~2.5cmほどしかなく、8.0cmに達することも珍しくないヤマトカブトムシと比べると、かなり小ぶりです。

オスにも目立った角がないため、カブトムシというよりはメスのクワガタかゴミムシに近い外見をしています。

沖縄県を除く日本全国に分布し、成虫は6~10月にかけて目にすることができます。

成虫はヤマトカブトムシと違って完全な肉食性であるため昆虫類の幼虫や死骸を食し、幼虫はクワガタムシやカミキリムシと同じように朽木を食べて成長します。

沖縄本島に棲息するオキナワコカブトムシ、奄美大島に棲息するアマミコカブトムシなどの亜種に分類されます。

スポンサーリンク

サイカブトの生態

サイカブトは別名「タイワンカブト」とも呼ばれ、その名から分かるように、台湾からの物資に紛れて石垣島に上陸したものが分布を広げた外来種です。

現在は南西諸島全域に広く定着しており、南九州にも生息域を広げつつあるとの報告も見られます。

 

全長3.0~4.5cmとコカブトムシと比べると大きですが、それでもヤマトカブトムシと比べるとまだまだ小ぶりです。

幼虫はヤマトカブトムシと同じように腐葉土を食べて成長しますが、成虫になるとサトウキビの茎や実を食します。

大東諸島にヒサマツサイカブトという亜種が棲息しています。

クロマルカブトの生態

クロマルカブトは別名「クロマルコガネ」と呼ばれています。

それは何故かというと、コカブトムシと同じようにオスも目立ったツノをもたなツノをもたないのでコガネムシのようにしか見えないため。

 

ツノがないのにカブトムシなの? と思った方も多いかもしれませんが、その他のカブトムシの仲間と同じ「甲虫目カブトムシ亜目コガネムシ上科コガネムシ科カブトムシ亜科」に属しているため、カブトムシの仲間として分類されています。

 

全長1.0~1.5cm前後とコカブトムシと比べてもさらに小ぶりで、言われなければ、いや言われてもカブトムシの仲間だとは思えないくらい地味な姿をしています。

日本のカブトムシと外国のカブトムシとの違いは?

外国のカブトムシも日本のカブトムシとそれほど大きな違いはありませんが、大まかな傾向として、外国のカブトムシの多くは日本のクワガタムシのように黒光りしているか、または明るい黄褐色をしているものが多く、日本のヤマトカブトムシのような赤褐色の種は少数派であるといえます。

 

そのためか、日本のヤマトカブトムシを初めて目にして恐怖を覚える外国人も少なくないようです。

中には「ゴキブリより気持ち悪い!」という辛辣なご意見も……。

 

みなさんは、どのカブトムシがお好みだったでしょうか。

個人的にはサイカブトの洗練されたフォルムに強い魅力を感じたのですが、やはりヤマトカブトムシの絶対的な存在感の前では少々分が悪いかもしれませんね。

(ライター 國谷正明)

スポンサーリンク