カタツムリの殻をとったらナメクジなんでしょう?って思っている方はいませんか?

ちょっと待った~~~!!!カタツムリとナメクジは違う生き物です!!

カタツムリって?

世界中にカタツムリの種類は20,000種ほど。

スポンサーリンク

日本だけでも700種類が存在すると言ます。

日本でカタツムリと言われているのはオナジマイマイ科とニッポンマイマイ科に属する種類。

カタツムリは軟体動物門に属する貝類の一種なんです。

 

移動能力が低いので、地域ごとに種分化が起こりやすい生き物です。

日本に生息しているカタツムリは数ミリ~数センチほどのものが多く、最大種は殻の径が60㎜程の四国に生息しているアワマイマイと言われています。

カタツムリは乾燥に弱い種類が多く、一般的に湿度の高いところを好む傾向にありますが、中には砂漠のような場所に棲んでいるカタツムリもいて、地域や種類によってばらつきがあります。

 

カタツムリの殻はヤドカリのように脱ぎ捨てられるものではなく、れっきとした体の一部。

体から染み出した石灰が殻を形成しているわけで、中には内臓の一部も含まれていて、しっかりと血が通っているんです。

 

その証拠に、例えば殻に穴が開いてしまった場合でも、生物の傷口が自然に治っていくように殻の穴は塞がっていきます。

カタツムリには2対の触角があり、長い方には目がついていますが、この目は明暗しか区別することが出来ません。

 

雌雄同体で、土の中に卵を産みます。

寿命は、種によって違いはあるようですが、野生下においては1~数年程度だと言われています。

 

飼育下では平均して3~5年は生きられるようです。

ちなみに、カタツムリの殻はカルシウム分で作られていますので、石灰分の多い土地には多くのカタツムリが生息しているそうですよ。

ナメクジって?

ナメクジもカタツムリと同じ軟体動物門の一種ではありますが、貝類ではなく、カタツムリの殻が退化してしまったものと考えられています。

しかし、侮るなかれ、ナメクジは生物の中では珍しく、セルロースを分解できる能力も持ち合わせているんです。

スポンサーリンク

カタツムリの仲間はエスカルゴなどでも良く知られているように料理の材料としても使われることが多いのですが、ナメクジの場合はアラスカやカナダのごく一部の地域で食用している地域があるのみ。

食用にするときにはしっかりと火を通してから出ないと危険なのだとか。(カタツムリもそうですが・・)

 

ナメクジの中にも退化の過程を象徴するかのように!?薄く平たいカタツムリのような殻を付けた種類も存在します。

ヒラコウラベッコウガイといって、殻の大部分が周囲の肉に覆われてしまっているのですが、明らかに透明の殻がついています。

 

海に棲むウミウシも殻を持つ生物からの退化と考えられていて、このような退化の過程!?をたどっている生物も少なくないのだそう。

南アメリカには20㎝を超える巨大な黄色いナメクジが生息していて、その名もバナナスラッグというそうです。

 

子供の頃、ナメクジに塩をかけて遊びましたが、20㎝を超えるナメクジは一体どれくらいの大きさになってしまうのかちょっと興味があります。

ナメクジの体の9割以上が水分と言われていますから、単純に計算すると2㎝ほどのに縮んでしまうということなのでしょうかね?

ちなみにナメクジもカタツムリと同じ雌雄同体です。

まとめ

というように、カタツムリとナメクジは違う生き物だということがお分かりいただけたでしょうか?

くれぐれも無理やりナメクジにカタツムリの殻や、ヤドカリの殻などを押し付けたり、中に入れてみたりするのはおやめくださいね!!

もちろん、ナメクジにカルシウムを沢山与えても殻は生えてきませんよ。(たぶん・・・・)

■ あなたの知らない「カタツムリ」の世界へようこそ!

■「カタツムリ」って何類? 

「カタツムリ」の飼い方、餌はなにがいい?

■「カタツムリ」を「マイマイ」と呼ぶのはなぜ?

■ カタツムリの寄生虫は人間にも害がある?

■「アフリカマイマイ」の寄生虫

■「カタツムリ」を食べる「マイマイカブリ」って知ってる?

■「カタツムリ」って何類? カタツムリの気になる生態

■「ナメクジ」は塩で溶ける?カタツムリの仲間なのに駆除される不快害虫

スポンサーリンク