あなたの家に「羽アリ」が飛ぶことはありませんか?

「羽アリ」といわれているものは2つあり、この2つを見分けることが駆除する際に重要になってきます。

 

果たして羽アリに殺虫剤は効くのでしょうか?

スポンサーリンク

調べてみることにしましょう。

羽アリを見分ける

まず、家にいる羽アリを見分けなければいけません。

羽アリの種類で、生態も形態も変わってきます。

クロアリに翅がついているのか、シロアリに翅がついているのかどうか見分けましょう。

クロアリの羽アリとは?

昆虫綱膜翅目アリ科の翅をもったものです。

翅のついているアリは、女王アリとオスのアリだけです。

 

簡単に説明すると、そこら辺で見かける普通の黒いアリに翅が生えているだけです。

女王アリとオスのアリは4~11月に巣から飛び立って、新しい家族を作るために交尾を行います。

 

夕方から行動することが多く、外灯の明かりなどに集まることもあります。

巣から飛び立つときに羽アリは飛ぶので、このとき飛んでいるアリが家に侵入してきたりします。

 

家の明かりに弾き付けられてしまうのです。

湿気が多くて、雨が降りそうな日はより活発に動きます。

 

クロアリの羽アリは、前に大きな翅が2枚、後ろに小さな翅が2枚、合計4枚の翅があります。

体が2~3つに分かれています。

黒い羽アリは、虫やおかしなどを食べます。

クロアリの羽アリに殺虫剤は効くの?

結論から言いますと、クロアリの羽アリに殺虫剤は効きます!

ですが、殺虫剤の使い方のコツがあります。

 

クロアリの羽アリがいるところにシューっと殺虫剤を撒くと、クロアリの羽アリの死骸が散乱してしまいます。

ですので、まずクロアリの羽アリを掃除機で吸い取りましょう。

スポンサーリンク

 

そのあと掃除機のノズルに殺虫剤をスプレーすればOK。

死骸の片付けも簡単にできます。

 

クロアリの羽アリを、家で見つけた場合は自分で駆除することができるので、試してみてください。

また、クロアリの羽アリが家の中に侵入しないようにする対策を紹介します。

 

①クロアリの羽アリは家の明かりによってくるので、夜はカーテンをして、光が漏れないようにしましょう。

 

②窓やドア、網戸などに防虫剤をスプレーしましょう。

粉タイプの防虫剤も売っていますが、スプレータイプのほうが簡単で使いやすいのでおすすめです。

シロアリの羽アリとは?

シロアリの羽アリは、アリの仲間ではなく、ゴキブリの仲間です。

シロアリの羽アリはヤマトシロアリとイエシロアリの2種類います。

 

ヤマトシロアリは4~6月頃、イエシロアリは6~7月頃に発生します。

シロアリの羽アリは目で見てもわかりますが、白い色をしています。

白いアリです。

 

そして、同じ大きさの翅が4枚付いています。

くびれのない、寸胴の体型です。

シロアリの羽アリの餌は木です。

シロアリの羽アリに殺虫剤は効くの?

結論から言うと、シロアリの羽アリに殺虫剤は効きません。

その時の一時的な処置にはなります。

 

シロアリの羽アリがいるところに殺虫剤を撒くと、取り合えずそこにいるアリは死にます。

ですがシロアリは家の木を食べるので、家の柱などにはすでにかなりの数のシロアリがいます。

 

家でシロアリの羽アリを見かけたら、その時には家屋に被害が出ていると思ってください。

シロアリを駆除する場合は、シロアリを駆除してくれる専門のシロアリ屋さんにお願いするしかありません。

羽アリに殺虫剤は効くのかどうか まとめ

クロアリの羽アリには殺虫剤が効きます!

シロアリの羽アリにも殺虫剤は効きますが、シロアリの場合はシロアリの発生元を駆除しなければいけません。

羽アリを見つけたら、クロアリなのかシロアリなのか見分けることが大切です。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク