オオジョロウグモは日本最大のクモ。

一体どんな生態を持っているのでしょうか。

オオジョロウグモの特徴

オオジョロウグモは、オスは体長7~10㎜、メスは35~50㎜程のクモ。

スポンサーリンク

南西諸島の奄美大島以南に生息し、6~10月にかけてみることが出来ます。

頭胸部は金色で、腹部の地色は黒色、多数の黄色い縦筋があります。

 

円網は大きいものでは2mにもなります。オスはとても小さく貧弱で体色は赤色。

メスとはまるで別種のような姿をしています。

 

造網性のクモで、その蜘蛛の巣で大型の蝶や昆虫はもちろん、鳥がかかったり、そのクモの糸を使って作ったタモでは、20㎝程の魚なら掬うことが出来るというのだから、どれだけ丈夫な網を張っているのかが想像できます。

 

オスはメスの巣に居候するような形で棲んでいて、繁殖の時になるとメスに近づきますが、繁殖時にメスに食べられてしまうことも少なくありません。

1年サイクルで世代交代をします。

春に孵化して脱皮を繰り返し、9~10月ころに成虫になって交尾後に産卵します。

コウモリを食べたオオジョロウグモ

沖縄県糸満市でオオジョロウグモの巣にシジュウカラがかかったという記事がニュースになった一月後、今度は石垣島でコウモリがオオジョロウグモの巣にかかったというニュースが流れました。

コウモリは八重山などに生息するヤエヤマコキクガシラコウモリという小型のコウモリです。

 

オオジョロウグモは他のクモに比べるととても臆病な性格らしく、獲物が巣にかかっても、大型のものだと完全に動かなくなるまで巣から離れた場所でじっと見守っていることも多いらしい。

 

また、小型のものだと獲物に毒を入れて麻痺させ、消化益を流し込むことによって体の内部を溶かし、すすり飲むという方法で捕食するようです。

スポンサーリンク

流石のオオジョロウグモと言えども、コウモリやシジュウカラにはさぞかしびっくりしたことでしょう。

 

シジュウカラを捕食したオオジョロウグモには実は続きのお話があって・・・・・

シジュウカラをしっかり間食した数日後、今度は巣に葉っぱが引っかかってしまったのだそう。

 

オオジョロウグモはその葉を巣から除去しようと四苦八苦しているうちに、力尽きて死んでしまったそう。

もしかしたら、シジュウカラは神様からの産卵前の最後のご馳走!?だったのかもしれません。

オオジョロウグモと似ているクモ

大きさ的に似ているクモとしてはアシタカグモとオオハシリグモが挙げられます。

海外原産のアシタカグモは屋内にも侵入してくることが良く知られています。

 

人間たちの大嫌いなゴキブリの天敵として、益虫扱いされていることもあります。

分布が広く、福島県以南の本州、四国、九州に生息しています。

 

体長はメスが20~30㎜で、オスは10~25㎜。脚まで入れると100~130㎜になります。

全体的にやや扁平で、長い歩脚を左右に大きく広げて歩き回ります。

 

オオハシリグモもオジョロウグモに負けず大きいクモです。

巣を張らずに徘徊するクモで、沢などの水際でじっと待ち伏せし、水に潜って魚などを捕食します。

 

全身が細かい毛で覆われていて、空気を含むことが出来るので、水の中や水の上を上手に歩くことも出来るのです。

インドから熱帯アジア、フィリピン、沖縄に分布しています。

オオジョロウグモのまとめ

オオジョロウグモは、オスは体長7~10㎜、メスは35~50㎜程のクモ。

春に孵化して脱皮を繰り返し、9~10月ころに成虫になって交尾後に産卵する。

 

オオジョロウグモの造る巣は強力で、シジュウカラや小型のコウモリなどもかかることがある。

オオジョロウグモと同じくらいの大きさのクモにはオオハシリグモやアシタカグモなどがいる。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク