ゴリラは哺乳網・霊長目・ヒト科・ゴリラ属に分類される種の総称です。

ここでは、ゴリラとその知能について紹介します。

ゴリラの生態

ゴリラは、オスの体長が170~180センチ、体重が150~180キロ、メスは150~160センチ、体重が80~100キロです。

スポンサーリンク

ゴリラのオスは、生後13年で背の体毛が鞍状に白くなります。これはシルバーバックと通称されています。

また、ゴリラは、アンゴラやウガンダ、ガボン、カメルーン南部、コンゴ共和国東部、赤道ギニア、中央アフリカ共和国南部、ナイジェリア東部、ルワンダに分布しています。

ゴリラは多湿林に生息します。

 

ちなみに、ガボン(国土の80 %以上を熱帯雨林が占める)では、ニシゴリラの基亜種(ニシローランドゴリラ)が、国内のサバンナを除く環境(海岸の林)にも生息することが判明しています。

 

ゴリラの食性は、植物食傾向の強い雑食です。

果実、植物の葉、アリやシロアリなどの昆虫を食べます。

ゴリラは低地では、種にかかわらず果実食傾向が強く、果実が豊富な環境では果実をおもに食べています。

ゴリラの知能

ゴリラの知能は、霊長類ではチンパンジーに次いで高いとされています。

ちなみに、ゴリラの脳化指数は、以下の通りです。

ヒト      7.4~7.8    バンドウイルカ   5.3

チンパンジー  2.2~2.5    シロガオオマキザル 4.8

ゴリラ     1.5~1.8    クジラ       1.8

アフリカゾウ    1.3    カラス       1.25

脳化指数は、 [定数] × [脳の重量] ÷ [体重]2/3 で算出される値のことで、動物知性の指標としてハリー・ジェリソンが1973年に考案しました。

ゴリラのその他雑学 その1

高度な知能をもつ「ココ」は、メスのローランドゴリラで、1971年7月4日、アメリカ合衆国サンフランシスコの動物園で生まれました。

手話を使って、世界で初めて人間との会話に成功したゴリラです。

スポンサーリンク

 

およそ2000語を理解し、「嫉妬」や「恥」などの概念も理解しています。

また、それだけでなく1000以上の手話も習得し、痛みを意味するジェスチャーと口を指さす仕草で「歯が痛い」と飼育係に訴えました(その後、虫歯の治療を受けました)。

猫をペットにする

飼育係のパターソンがココに絵本を読み聞かせていたところ、ココは絵本に出てきた猫を気に入り、誕生日のプレゼントに猫をおねだりしました。

パターソンは、おもちゃの猫を与えましたが、ココは気に入りませんでした。

 

そこで本物の生きた子猫を与えることになりました。

当初は、ココが子猫を殺してしまうことが危惧されました。

しかし、ココは子猫の体を舐めたり、抱きかかえたりして、愛情を注いで子猫を育てました。

ゴリラのその他雑学 その2

2005年、大人のメスのローランドゴリラが、コンゴ共和国のヌアバレ・ンドキ国立公園で、杖を使って水深を測る様子が確認されました。

野生のゴリラの道具使用が確認されたのは、初めてのことです。

 

チンパンジーやボノボ、オランウータンの道具の使用は、すでに知られていましたが、道具を使う必要性がないゴリラは、その能力を失ったと考えられていました。

なぜ、ゴリラは道具を使う必要がないのでしょうか?

 

それは、ゴリラが大型類人猿のなかでも最大で、しかも、木の実を簡単に砕く歯を持っているからです。

アリ塚も素手で粉砕できるため、道具を使わずにシロアリを補食できるというわけですね。

 

しかし、杖を使う姿が観察されることによって、「道具使用に必要な知能は、ゴリラが人間やチンパンジーなどと分岐する前に進化した」とする説が有力になりました。

研究チームは、「人間に固有ではない証拠がさらに増えた」と述べています。

ゴリラのまとめ

以上、ゴリラとその知能についていかがでしたか?

ゴリラは、考えるよりも行動、いわゆる脳筋のイメージで語られることが多いのですが、実は知能が非常に高いです。

腕力と知性を兼ね備えたゴリラ、おそるべしですね。

(ライター ジュン)

スポンサーリンク