世界中でマスコット化されているテントウムシ。

赤と黒の特徴的な模様がその理由のひとつですが、これほどまで世界中で愛されているのは何故なのでしょう。

そんなテントウムシの秘密について詳しくお話ししてきます。

スポンサーリンク

テントウムシは幸せの象徴!?

テントウムシは世界中に生息している昆虫で、漢字では「天道虫」と表記されます。

天道とは太陽のことを意味し、太陽に通じている使者として扱われこともあるほど。

世界のテントウムシを見てみると、ドイツ語では「マリア様の甲虫」という意味の名前が、フランス語では「神様の虫」という意味の名前が、そしてイタリア語では「神様の小さな鳥」という意味の名前が付けられています。

 

アメリカでも聖母マリアに由来する言葉が付けられており、その名前から「聖母マリアの化身」として言い伝えられているのだとか。

植物の茎や枝のてっぺんまで登って飛び立っていく習性が、太陽や神様と関連付けら、とても神聖な生き物として扱われているのです。

 

テントウムシが体に止まると幸せが訪れるという言い伝えもあり、女性の場合は結婚に関する幸運が訪れると言われています。特に、手に止まった時がその合図。他の体の部位に止まった場合は心配事が飛んでいくという証。病気の人に止まった場合は病を持って行ってくれる証拠などなど、とにかく「いいこと」が起こることには間違いないようです。

また、国によって幸せの形が違うようで、アメリカは金運がアップすると言われ、スイスでは出産の印だそう。ベルギーではテントウムシが若い女の子の手に止まれば1年以内に結婚すると言われているようです。

スポンサーリンク

 

テントウムシを見かけただけでも、心の中で恋に関する願いごとを唱えることで、その願いが叶うといわれています。

これにちなんで、テントウ虫の幸運や開運の商品やアクセサリーも沢山販売されていて、身に着けることでテントウムシが災いや病、不幸を遠ざけて連れて行ってくれるのだそうです。

 

最近どうも調子が良くないという方は、ぜひてんとう虫のパワーに頼ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、黒は不吉などということもなく、てんとう虫の地の色や種類に関係なく、どの種類も幸運をもたらしてくれるのだそうです。

テントウムシの夢占い

幸せの象徴とされるテントウムシは夢占いなどでも使われます。

例えば、沢山のテントウムシの夢を見た場合は幸福感に満たされている暗示。

 

恋人と素敵な時間を過ごしていたり、日々の生活でも幸せを感じることが多い状態を表します。

また、運気が上昇することも表しています。

 

テントウムシが自分に止まる夢はラッキーなチャンスが巡ってくる暗示です。

様々な場面でラッキーな出来事に遭遇することになりそう。

 

テントウムシが自分以外の誰かに止まる夢は、その対象となった人が幸せになる暗示です。

その様子をほのぼのとした気分で見ていれば、その人の幸せを自分も心から喜んでいるということ。

 

テントウムシを捕まえる夢を見たら、幸運を手に入れる暗示。

自分自身の努力が実り、幸福が得られることを表します。

 

憧れている人がいる場合は積極的にアピールをしてみても良いタイミングデス。

テントウムシが飛んで逃げる夢を見た場合は幸運を逃がしてしまう暗示。

 

自分に止まっていたテントウムシが逃げてしまう夢であったら、今感じている幸福感は一時的なもので終わってしまうかもしれません。

テントウムシを殺す夢を見た場合は運気の低下を表します。

恋愛関係や友人との関係が悪化することを意味し、自分の欲求や願望が満たされずストレスが溜まり、そのことが原因となってしまいそうです。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク