紙魚という昆虫をご存知ですか?

気持ち悪い!という人の多い中、とってもかわいい!という人もいるという極端な評価をされる紙魚。

その正体は!?

スポンサーリンク

紙魚の特徴

紙魚はシミ目に分類される昆虫。

日本にはシミ科に分類される日本在来の室内種であるヤマトシミと移入種であるセイヨウシミが生息している他、マダラシミという種類がエサとして飼育されています。

 

シミ目に分類される昆虫は最も原始的な特徴を持っていて、昆虫類の中の無翅類はシミ目を含むごくわずかです。

また、昆虫の中では珍しく無変態で、卵殻孵化した幼虫はほとんど成虫と同じ形をしていて、脱皮によって変化するのは大きさだけ。

 

しかも、成虫になってからも絶えず成長し続けるので、一生脱皮し続ける習性があります。

体はやや扁平で、細長い涙滴形をしていて、頭には長い触覚が伸びています。

 

胸部から腹部にかけては滑らかにつながり、腹部には各大切に一対の腹毛があります。

動きが速く、くねるように走る姿が魚のようなところから、紙魚の字をあてられたと考えられており、寿命は7~8年と、昆虫の中ではかなりの長さを誇ります。

室内で紙や乾物を食べるのがとても有名で、野外でも樹皮下などに生息するものや、アリの巣に入るものもいます。

ヤマトシミ

日本できららむしやきらむしと言われ、古くから知られてきた紙魚の一種で、大陸アジアにも分布しています。

小林一茶などが詠んだ俳句にも登場し、夏の季語として有名です。

 

太陽は10㎜弱で淡黄色の触角と小顎肢、尻尾の毛が目立ち、まるで足が沢山あるように見えます。

肢は通常の昆虫と同じく、3対6本であり、腹部大切の左右には腹肢と呼ばれる毛状の付属肢があります。

 

体節は柔軟に曲げることが出来て、びっくりさせると蛇行やUターンをしながら素早く逃げる姿と、全身が銀から灰黒色の金属光沢を帯びた鱗粉をまとっている姿がまるで魚のようでもあります。

 

セイヨウシミとよく似ていますが、頭部が丸みを帯びている点と、2~3腹節が胸部と同程度かそれ以上に幅広く、10節が扁平な台形になっている点で区別がつきます。

スポンサーリンク

高温多湿の環境を好み、日本では7月下旬ころ、2週間にわたって畳の隙間や紙の折れ目など狭い所に一度に10個前後の卵を産みます。

卵は左右に扁平な小判型をしていて、直径は1㎜ほど。

 

産卵直後は白色で、だんだんと薄い褐色になっていきます。

卵殻は薄く、発生途中の眼などが外から透けて見え、孵化までにはおよそ25日を要します。

 

気温が下がると活動が鈍くなり、最低温度が7度を下回る環境では接触をほぼ停止します。

水分は空気中の湿度から摂取していると考えられています。

セイヨウシミ

セイヨウシミは本来はヨーロッパが原産とされますが、人間や物の移動に伴って世界中に広がりました。

日本でも人家を中心に生息して、在来種であるヤマトシミよりも頻繁に見られます。

 

光を避ける性質があり、砂糖や澱粉食品などを好み、炭水化物のあるところにいることが多くいます。

体表は金属光沢をしていて、銀色の鱗粉が三回目の脱皮の後に初めて出現します。

 

成虫になるまでには少なくとも4か月が必要で、時には3年かかることもあります。

一年で最大4回の脱皮を繰り返すことが可能で、寿命のある限り脱皮し成長します。

多糖類や澱粉を好みますが、数ヵ月もの絶食に耐えることも出来ると言われています。

紙魚がかわいい

紙魚はその動きと形から、とても気持ち悪くて見ていられない、という人がいる中、原始的で独特の動きをかわいいと感じる人もいるようです。

確かに、見つけると一見ぎょっとしますが、(紙魚だけに!!??)噛みついてくるわけでもなく、毒を持っているわけでもなく、健気に3億年もの長い間絶滅することなく、生き延びてきた種類の昆虫と思うと、健気でかわいい気もします。

 

実際、紙魚を飼育している人もいるようで、飼育方法なども確立されているようです。

興味のある方はぜひ試してみて下さい!

(ライター ナオ)

スポンサーリンク