うさぎは、「兎」や「兔」とも書く、ウサギ目・ウサギ科・ウサギ亜科の動物です。ここではうさぎとその寿命について紹介します。

うさぎの生態

うさぎは、草原や半砂漠地帯、雪原、森林、湿原などに生息しています。

そのなかでもアナウサギは、地中に複雑な巣穴を掘って集団で生活しています。

スポンサーリンク

縄張り意識は比較的強くて、顎下の臭腺をこすりつけることで臭いをつけて、テリトリーを主張します。

ノウサギは穴での生活はおこないません。

 

うさぎは、以前はネズミの仲間と分類されていました。

足の裏に肉球はありません。厚く柔らかい体毛が生えています。

前肢よりも後肢が長く、跳躍走に適しています。

 

なお、うさぎの前肢の指は5本、後肢の指は4本で、後指には爪が発達しています。

体全体が丸みを帯びており、尻尾は短いです。

ちなみに盲腸は長いです。

 

うさぎの食性は植物食で、草や木の葉、樹皮、果実などを食べます。

一部の野生種は昆虫なども食べます。

 

うさぎは胎生で、交尾によって排卵が誘発される交尾排卵動物です。

妊娠期間は最長がユキウサギのおよそ50日で、多くの種は30~40日となっています。

一度の出産で1~6羽も出産します。

 

うさぎの天敵は、キツネをはじめとする小・中型の肉食獣と猛禽類です。

ストレスにとても弱い動物で、絶えず周囲を警戒しています。

うさぎの寿命

現在ペットとして飼育されているうさぎは、ほとんどがアナウサギの子孫です。

そのため、品種によって寿命が大きく異なるということはありません。

うさぎの寿命は、5~10年といわれています。

 

ネザーランドドワーフの寿命は、一般的には5~6年です。

雑種のミニウサギや、そのほかの種の寿命はだいたい5~10年です。

 

うさぎの健康状態や飼育環境によっては、15年以上生きることもあります。

一般的に寿命とされている年齢は5~10年ですが、感染症や病気によって早く亡くなることも多く、ペットの寿命は平均すると5~6年ほどになるようです。

スポンサーリンク

うさぎのその他雑学 その1

うさぎで、もっとも長生きしたのは、オーストラリアのタスマニア州のFlopsy(フロプシー)です。

フプロシーは、もともと野生のアナウサギでした。

 

1964年8月に保護されてから1983年6月までの18年と10ヵ月を生きました。

これは人間でいうところの130歳に相当します。もちろんギネスに載っています。

うさぎのその他雑学 その2

うさぎは、古代から狩猟や養殖がされており、食用として利用されてきました。

マンモスなどの大型の獲物が少なくなるにつれて、うさぎのような小型の動物が重要な獲物となっていきました。

 

ネアンデルタール人は、うさぎのような小さな獲物を狩ることができなかったため滅んだ……という説もあります。

うさぎの料理は、フィレ・ステーキが有名です。

 

ただし、1羽からとれるフィレは、ホタテ貝の貝柱ほどしかなく、ステーキを作るには数羽分のフィレ肉を必要とします。

また、挽肉にすると粘着性が高くなるので、ソーセージやプレスハムの結着剤として使われることもあります。

うさぎのその他雑学 その3

うさぎの肉は、北米ではフライ用、ロースト用、内臓の3等級に分類されています。

生後9週までの体重4.5~5ポンドの肉はフライ用。

 

月齢8ヵ月までの体重5~8ポンドの肉はロースト用と定めています。

ロースト用は、フライ用よりも肉が硬いようです。

 

フランス料理では、一般的な料理に使用するラパン(養殖うさぎ)と、ジビエに使用できるリエーヴル(野うさぎ)に区別されてきました。

養殖うさぎは、アナウサギを家きん化したものです。

 

背肉から腿肉までが主要部位で、内臓肉は腎臓やレバーなどを食べます。

ただし現代では、伝統的な料理に使われる程度になってきています。

 

日本でも食べられており、江戸時代の徳川将軍家では、正月の三が日に「うさぎ汁」を食べる風習があったようです。

また、秋田県の一部地域では「日の丸肉」と呼ばれ、旅館料理として出されることがあります。

ちなみに明治期に入ると、兎の輸入がはじまります。

うさぎのまとめ

以上、うさぎとその寿命についていかがでしたか?

うさぎは寿命が短く、また世界各地で狩猟されているので、もしかしたら絶滅するのでは?

 

と心配される方がいるかもしれません。しかし、うさぎは年中発情・生涯現役です。

ものすごいいきおいで繁殖しますので、よほどのことがない限り絶滅することはありません。

精力絶倫だなんて、可愛い顔して意外ですよね。

(ライター ジュン)

スポンサーリンク