ペットとして飼うこともできる「カワウソ」

とても可愛い容姿で、人気があります。

 

そんなカワウソが猿を攻撃したというウワサを聞きました。

スポンサーリンク

カワウソは猿を攻撃する事があるのでしょうか?

カワウソの生態と、猿を攻撃するのかどうかについて、詳しく調査していきたいと思います。

カワウソとは?

「カワウソ(獺、川獺)」とは、食肉目イタチ科カワウソ亜科の動物です。

オーストラリア、ニュージーランド、南極以外の世界の水辺や海上に生息しています。

ニホンカワウソは、北海道~九州まで日本中に生息していました。

ですが、カワウソが生活する環境が減ったことや乱獲で、ニホンカワウソの数は激減しています。

日本でペットとして飼われるカワウソは「コツメカワウソ」です。

 

東南アジアに生息するカワウソで、カワウソのなかで一番小さなカワウソです。

体長も40~65センチ、体重は3~6キロです。

小さい爪が特徴です。

カワウソの特徴

カワウソの体は細長く、四肢は短いです。

この体型は、水の抵抗をあまりうけずに素速く泳げるようになっています。

指の間に水かきがあります。

そして、鋭いかぎ爪をも持っています。

カワウソは泳ぎが得意で水中で生活していますが、陸上でも行動できます。

 

元気いっぱいで水遊びも大好きです。

頭が扁平な形をしていて、目、鼻、耳が同一線上に並んでいます。

 

このため、水に潜りながら顔を水面に出し、外の様子を観察します。

水中では鼻孔と耳孔を閉じることができます。

 

カワウソは皮下脂肪がほとんどありません。

ですが、下毛が密生しているので水を弾き、空気がたまって、体を保温します。

 

カワウソはたくさん毛が生えているので、分厚い毛皮です。

この毛皮の分厚さは動物界NO.1です。

カワウソは単独で生活する種類もいれば、家族で生活する種類もいます。

カワウソは結婚したら絶対に浮気はしません。

スポンサーリンク

 

奥さんを一途に想い、しかもイクメンです♪

肉食なので、魚やザリガニ、カエルなどを捕まえて食べます。

 

ちなみに大好物はピラニアです。

歯が強いので、骨まで砕いて食べます。

カワウソの寿命は12年ぐらいといわれていますが、20年以上生きるカワウソもいるそうです。

カワウソは猿を攻撃するのか?

結論から述べますと、カワウソは猿を攻撃します!

ニューヨーク・ブロンクス動物園でカワウソが猿を襲いました。

 

その光景はインターネット動画で見ることができます。

1匹の猿にカワウソが集団で群がって襲います。

カワウソが猿に攻撃して、かみ殺します。

カワウソは実は凶暴?

カワウソは別名「川のオオカミ」と呼ばれています。

淡水生息地では頂点捕食者です。

 

特にオオカワウソは、子どものワニを襲って食べてしまいます。

しかも食事する姿が、あの可愛いカワウソから想像できないぐらい、とても怖いです。

 

そしてカワウソは個体によって性格がバラバラです。

気性の荒いカワウソはとても凶暴で危険です。

 

カワウソは歯が剃刀のように鋭くなっています。

また、噛む力も強いので、人間が大人のカワウソに噛まれると大怪我をするといわれています。

カワウソが猿を攻撃する事があるのかどうか まとめ

カワウソの生態と、猿を攻撃するのかどうかについて詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カワウソは猿に攻撃をします!

 

カワウソは集団で猿を襲い、かみ殺します。

可愛い容姿から想像できませんが、カワウソは凶暴な一面も持っているのです。

 

そんなカワウソですが、生息数が減ってきていて絶滅危惧種に指定されています。

カワウソを絶滅させないために、密輸と乱獲をやめ、自然環境を守っていかなければいけません。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク