「紙魚」って、聞いたことがありますか?

魚という漢字が付きますが、魚ではありません。

 

紙魚は本を食べる虫です。

スポンサーリンク

大切な本を守るために、紙魚の駆除方法を紹介していきたいと思います。

紙魚とは?

「紙魚(シミ)」は紙、特に本を食べる”書籍害虫”とされています。

英名は”Silverfish”で、銀色の魚と呼ばれています。

 

素早く動く様子が魚のようなので、魚という字が使われています。

紙魚の体長は4~11mmで、平たい形をしています。

 

頭には長い触角があり、これが気持ち悪いです。

体の色は、銀や黒などの色をしています。

 

夜行性で、ほおって置くと大繁殖してしまう虫です。

紙魚の寿命は7~8年です。

紙魚が好きなもの

和紙や本、ダンボールや紙袋など。

でんぷん質の糊も好きなので、糊付けしてある本なんかは、たまらないほど大好物です。

ちなみに洋紙より和紙派です。

 

紙魚は繊維質が好きなので、洋服を食べることがあります。

他には小麦粉やパン粉、米などの乾物。

鰹節を食べることもあります。

紙魚の駆除方法

まず、紙魚を見つけたら、駆除しましょう。

ハエたたきや掃除機などを使うといいですね。

 

紙魚は棚の後ろや隙間など、暗いところに隠れています。

私達の目の届かないところが大好きなのです。

 

そこで、一番手っ取り早くて効果的なのが「バルサン」です。

バルサンをたくだけで紙魚はさようなら~します。

 

バルサンは紙魚だけではなく、ゴキブリなどの害虫にも効果があるので、是非試してみてください。

ペットなどの関係でバルサンがたけない方は、ペットがいても大丈夫な殺虫剤も売っていますので、そちらを使ってください。

紙魚からの被害を防ぐ予防法

紙魚は一度駆除しても、繰り返し発生します。

スポンサーリンク

紙魚からの被害を防ぐには、日々の予防法が必要です。

ここで、紙魚の被害を防ぐための予防法をいくつか紹介します。

とにかく掃除

紙魚は暗いところが好きなので、棚の奥や箪笥の後ろなどに隠れていることが多いです。

普段人の目に届かないようなところまで掃除をしましょう。

特に、一度紙魚を見つけてしまったときには、マメに掃除しましょう。

部屋を乾燥させる

紙魚はジメジメとした湿気のある場所が大好きです。

湿度70~90%、気温は20~30度が極楽環境です。

 

そんな環境であれば、どんどんどんどん繁殖を行います。

まず換気をして、部屋を乾燥させるようにしましょう。

 

特に本が置いてある部屋は、常に乾燥している状態を保てるようにしましょう。

気温が10度以下になると紙魚は活動することをやめます。

不要なものは捨てる

ダンボールや紙袋など、紙魚が発生しやすいもので不要なものは処分しましょう。

いつまでも引っ越してきたときのダンボールがある部屋は紙魚が喜ぶだけですよ。

密閉する

大切な本は密閉しましょう。

紙魚が本に触れることがないように、プラスチックのケースなどに本を収納しておきましょう。

 

コンパクトなサイズであれば、100円ショップでも購入することができますよ。

また、水で濡れた本は、紙魚の被害を受けやすいので注意してください。

しっかり乾かしましょう。

冷蔵庫に収納

紙魚は小麦粉などの乾物にも発生します。

一度封を開けた小麦粉やパン粉などの乾物は、冷蔵庫に収納しましょう。

ダニの防止にもなりますよ。

防虫剤の使用

虫除け芳香剤(天然成分でできたもの)は紙魚除けに効果があります。

衣類用の防虫剤も効果があるので、本棚などに挟んでおくといいですよ。

紙魚の駆除方法について まとめ

紙魚について紹介してきましたがいかがでしたか?

紙魚は本や和紙などの紙だけではなく、小麦粉なども好きなのです。

 

紙魚の被害に困っている方はまず、「バルサン」を使いましょう。

そして、普段から紙魚が来ないようにマメに掃除をすることを心がけましょう。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク