両腕に鎌を持っていて、三角の顔をした「カマキリ」。

草の多いところで見かけることができますね。

 

カマキリは肉食だと言われていますが、小鳥や哺乳類を食べるとのウワサも聞きます。

スポンサーリンク

本当に鳥を食べるカマキリはいるのでしょうか?

カマキリの生態と共に調べてみました。

カマキリって?

「カマキリ(蟷螂・鎌切)」は、昆虫綱カマキリ目に属している昆虫です。

カマキリは全世界で2000種ほどいるそうですが、実際にはもっと多くの種類が存在するそうです。

亜熱帯や熱帯地方には多くの種類が生息しています。

日本では約10種類が生息しています。

 

“オオカマキリ”なんかは有名ですよね。

前足が鎌のような形をしていて、「鎌で切る」から「鎌切」という名前になりました。

カマキリの寿命は約1年ほどと、とっても短いです。

カマキリの特徴

細長くスマートな身体付きのカマキリには脚が6本あります。

そのうち、前にある2本(前脚にあたる部分)は鎌のような形をしています。

この鎌にはたくさんのトゲトゲがあります。

カマキリの身体の色はきれいな緑色をしていますが、カマキリは周りのものに合わせて茶色の身体に変身できます。

 

カマキリの顔、クールでかっこいいですよね。

頭は逆三角形で、細長い触角があります。

 

カマキリには翅があります。

ですがカマキリは飛ぶことが苦手なので、縦にピョンと飛ぶので精一杯です。

 

この翅の役割は飛ぶためではなくて、威嚇するためです。

翅を扇状に広げて威嚇します。

 

カマキリの卵は見た目が繭のような感じですが、お尻から液体を出して泡立てたものです。

スポンサーリンク

ひとつの卵から数百匹の赤ちゃんが誕生します。

カマキリの餌

カマキリは肉食の昆虫です。

基本的にはコウロギやバッタ、ハエやアブなど、自分より小さな昆虫や小動物を食べます。

 

鎌の形をした前脚で餌を抑え付けて、かじりながら食べます。

食事を終えた後は、前脚を綺麗に舐めてお掃除をします。

 

カマキリは動かないものは食べません。

ということは、目の前で動くものはなんでも食べられると思っているんです。

 

実はカマキリは、共食いするのです。

・・・ショックを受けないで下さいね。

 

とっても残酷ですが、メスは交尾のときにオスを食べてしまいます!

怖いですね・・・メス。

 

なのに、オスはメスを食べることはしません。

オスはメスに身体を捧げます。

オスの愛はすごいですね。

カマキリは鳥を食べるの?

カマキリは鳥を食べます!

鳥のなかでも小型の「ハチドリ」や「キクイタダキ」を食べます。

飛んでいる鳥に体当たりでアタックして襲ったり、前脚の鎌で鳥の胸を突き刺し、一撃で仕留めたりします。

鳥だけではなく、小型のヘビやネズミ、カエル、金魚も食べます。

前脚の鎌で挟める大きさならペロリと食べてしまいます。

カマキリは何でも食べます!

カマキリはとっても食いしん坊です。

昆虫や小動物だけではなく、人間が食べるものも食べちゃいます。

 

カマキリを飼育している人は、カマキリの目の前でわざと食べ物を動かして、カマキリに餌だと認識させて餌を与えます。

ハム、ソーセージ、鶏肉、お饅頭、パンなど、なーんでも食べます!

ユーチューブなどにカマキリが人間の食べ物を食べている動画などもUPされていますよ。

鳥を食べるカマキリについて まとめ

鳥を食べるカマキリなんていないと思っていましたが、実際カマキリは鳥を食べるんです!

カマキリは目の前で動くものは何でも餌だと認識して、食べてしまいます。

 

鳥だけではなく、ヘビもネズミも食べてしまいます。

お饅頭もパンも食べます。

カマキリは色々なものを食べるので、実は美味しいものを知っているグルメさんなのかもしれませんね。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク