今モデルさんたちの間でも話題になっている人気のスーパーフードといえば「アマランサス」と「キアヌ」です。

栄養価が高く、毎日の食事に取り入れている方も多いと思います。

 

そんな「アマランサス」と「キアヌ」ですが、この2つの違いを知っていますか?

スポンサーリンク

ここではアマランサスとキアヌの違いについて詳しくご紹介していきたいと思います。

アマランサスとは?

アマランサスの原産はペルーで、中南米で栽培されています。

深紅色をした羽のような花を咲かせる植物で、高さが2mぐらいまで成長します。

アマランサスの花の中の穀粒が種子で、これを食べます。

アマランサスの種子は直径1mmぐらいの大きさをしています。

 

アマランサスは世界保健機構(WHO)が「未来の食物」として高い評価をしています。

ちなみに、アマランサスの葉っぱにも栄養価がたくさん詰まっているので、食べられるんですよ。

 

アマランサスの歴史は古く、紀元前5.000年頃から食べられていました。

江戸時代に日本に伝わってきたアマランサスは当時”赤粟”と呼ばれていて、観賞したり食用したりしていました。

キヌアとは?

キヌアの原産はペルーで、アンデス山脈の標高3.000m以上の地域で栽培されています。

アガサ科の植物でほうれん草に近いです。

 

キヌアの種子は直径2mmぐらいの大きさをしています。

アメリカ航空宇宙局(NASA)が「21世紀の主要食」として高い評価をしています。

 

国際連合食糧農業機関(FAO)からも評価されているのですよ。

キヌアも紀元前5.000年頃の古くから食べられており、古代インカの人々はキヌアを「母なる穀物」として主食にしていました。

アマランサスのパワー

アマランサスには食物繊維、ミネラルカルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラル、ビタミンA、C、E、K、B5、B6、葉酸、ナイアシン、リボフラビンが含まれています。

白米とアマランサスを比べると、タンパク質は2倍以上で、鉄分は10倍、食物繊維も約2倍の栄養が含まれています。

スポンサーリンク

コレステロールや血圧を下げてくれる効果があります。

抗炎症作用もあり、白髪予防の効果もあります。

 

アマランサスは「スーパーグレイン(驚異の穀物)」と呼ばれているので、美容や健康に効果的です。

アマランサスにはグルテンが含まれていないので、グルテンフリーです。

アマランサスはアレルギー反応が少ないので、アメリカではアレルギー疾患用の食品として20年以上前から栽培されています。

キヌアのパワー

キヌアはとにかくダイエットにおすすめしたい食材です。

食物繊維は白米の8倍で、キヌアのGI値は35ととても低いので血糖値が上がりにくく、食欲を抑えてくれます。

 

そしてキヌアは白米の2倍以上膨らみます。

白米と同じだけキヌアを食べても、白米の半分のカロリーで済みます。

 

キヌアには、ビタミンB群、D、E、カルシウム、マグネシウム、鉄分が豊富に含まれています。

他に、女性ホルモンに似たフェストロゲンが含まれているので、女性特有のトラブルにも効果があります。

キヌアはアトピー性皮膚炎の改善食としても使われています。

アマランサスとキヌアの違い

アマランサスのほうが多いもの・・・カルシウム、マグネシウム、鉄分

 

キヌアのほうが多いもの・・・タンパク質、カリウム、ビタミンB1、葉酸アマランサスもキヌアも食感はプチプチのモチモチです。

キヌアは主食で食べることができ、腹持ちも良いのでダイエットに向いています。

アマランサスはサラダにトッピングしたりして手軽に食べることができ、アレルギーが心配な方にオススメです。

アマランサスとキヌアに違いについてまとめ

アマランサスとキヌアは栄養価がとても高く、人の身体に良い効果をもたらしてくれることが解りました。

アマランサスとキヌアは、多く含まれている成分が少し違います。

 

自分に不足しているものなどを確認して、アマランサスとキヌアを使い分けましょう。

アマランサスとキヌアはNASAで宇宙食として使われています。

 

現在もアマランサスとキヌアについて研究が進められています。

アマランサスとキヌアの更なるパワーに期待したいですね。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク