ハルジオンという花を聞いたことがありますか?

野に咲く可愛らしい花の代表として多くの人が名前だけは聞いたことがある植物かもしれません。

 

ハル、という名前がついているので春に咲く花というイメージはありますが、実際ハルジオンの時期はいつなのでしょう?

今回はハルジオンについて詳しくお話します。

ハルジオンの特徴

ハルジオンはキク科ムカシヨモギ属に分類される植物です。

北アメリカ原産で、日本を含めた東アジアには外来種として移入しています。

多年草で背の高さは30kら80㎝くらいになり、根元からは根出葉が出て、花の時期まで残ります。

葉と茎は黄緑色で、まばらな毛が生えるのも特徴です。

 

茎はあまり分岐せず、先端部分で何回か枝分かれして花をつけます。

日本では1920年代頃に観賞用として持ち込まれ、1980年代には除草剤に耐性のある個体が出現しました。

関東を中心に全国へ分布が拡大したと考えられ、農作物や牧草の生育を妨害する為に厄介な雑草として扱われることも多いのが実情です。

ハルジオンの季節

ハルジオンは牧草地や畑、道端などの窒素分の多い場所を好んで自生してます。

花の時期は4~5月で、これは間違えられやすいヒメジョンよりも早い時期になります。

 

名前の通り、春に咲くのがハルジオンで、秋遅くまで咲いているのはヒメジョンということなのですが、場所によっては両者の時期が重なることもあります。

その場合は花弁を良く見れば両者の違いが判ります。

 

ハルジオンは花びらがピンク味を帯びていて、糸のように細く、花びらが白くて多少幅があるのがヒメジョンです。

それでも区別が難しい時には、最後は茎を折って確認するしかありません。

 

ハルジオンは茎の中が空洞です。一方ヒメジョンは白い綿状のようなものが詰まっています。

他にも注意深く観察すれば違いはいくつもあり、葉の付き方や葉の根元部分、草丈、蕾の付き方等細かい部分で違いがあるのがハルジオンとヒメジョンなのです。

ハルジオンの花言葉

ハルジオンの花言葉は「追想の愛」のたった一つです。

多くの花にいくつかの花言葉が存在するのに対し、一つしかないというのはとても珍しいことでもあります。

花言葉の由来はあまりわかっていはいないようです。

ハルジオンの別名

野に健気に咲く花として誰もが目にすることのある花ながら、ある地域では「貧乏草」と言われているのだそうです。

それは、放ったらかしにしている場所に良く生えるから、という理由なのだそうですが、可愛らしい花に随分な名前を付けるものです。

ハルジオンの歌

アイドル歌手グループの乃木坂46の歌に「ハルジオンの咲く頃」というタイトルの歌があります。

その歌詞は次のようなもの。ハルジオンという花を象徴しているかのような歌詞なので全文紹介します。

 

♪ハルジオンが道に咲いたら

君のことを僕らは思い出すだろう

 

いつも側で微笑んでた 日向のような存在

心癒してくれた 白い花の可憐さ

 

他の色にまぎれながら

話しかけるきっかけもないまま

 

何も変わらぬスタンス

仲間たちは自由の意味を知った

 

君はどうしてそんなに 優しい瞳でみつめるの?

悲しみや怒り 憂鬱なことはないの?

 

風邪に吹かれても清々しい表情で

全てを許すように佇んでる

 

ハルジオンが雨に打たれて

それでもまだ青空見上げるように

 

つらい時も変わらぬまま 君は君の姿勢で

運命受け入れてた 地に根を張る強さで・・・

 

いつの間にか ふと気づくと

君のことを誰も探してた

 

まるで母親みたいに 近くにいる気配に安心した

君も季節が過ぎれば いなくなるとわかってる

 

限りある命 永遠の花はないさ

次に会えるのはまた新たな夢を見て

 

今よりキレイな花 咲かせるだろう

ハルジオンが枯れたとしても

 

その生き方 僕らに教えてくれる

一度きりの人生なら 自分らしくありたい

 

愛はあたえるものと 君を見てて思った

花の名前なんてそんなに知らないよ

 

だけど君のことはずっと覚えてる

やっと言える

 

大好きだよ

ハルジオンが道に咲いたら

 

君のことを僕らはおもいだすだろう

いつもそばで微笑んでた 日向のような存在

心癒してくれた白い花の可憐さ♪

(ライター ナオ)