スカラベって聞いたことがある方もいらっしゃいますよね。

古代エジプト展などで装飾品やお守りとして、ゴージャスなスカラベのレプリカが展示されている事があります。

スカラベはいわゆるフンコロガシの仲間です。

スポンサーリンク

古代エジプトでは、太陽神と同じようにスカラベが珍重されていたようです。

今回はそんなフンコロガシの仲間についてです。

フンを転がさないフンコロガシも多くいます。

ゴホンダイコクコガネのプロフィール

長い名前の甲虫です。ダイコクコガネ科の5本角が付いている、ダイコクコガネという虫です。

大きさは10㎜~16㎜ほど、成虫が見られるのは5月から10月くらいです。

真ん中の頭部の角が長いのがオスで、光沢があり一見すると確かに丸みのあるカブトムシのようですね。

 

しかし彼らは食糞性コガネムシの仲間です。

「糞虫」(クソ虫、フン虫などと言われる)であり、動物のフンや死体、吐き出したものなどを食べたり地面の下に持っていくという、特異な役割をしています。

フン虫って、何?

ゴホンダイコクコガネは、主に森の中や、牛などの動物のフンの中や周辺で見つかる事が多いようです。

フンだクソだと尾籠なことばを連発するのは心苦しい限りですが、フンは健康のバロメーターですからね。

フンを見ればそれを出した生き物の健康状態がよく分かります。

そんなわけで、つい眉をひそめてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、彼らは生態系の中でなくてはならない働きをしています。いわゆる専門職というものですね。

ゴホンダイコクコガネの育ち方

ゴホンダイコクコガネは、幼虫の頃から食糞しています。

主に獣糞です。

ぶれない虫、それがゴホンダイコクコガネです。

ゴホンダイコクコガネは地下にフンで球を作り、その中に産卵します。

幼虫はその中でフンを食べて成長します。

ゴホンダイコクコガネは比較的子育てに熱心で、幼虫が成長するまでにフンの補修をしたり、いろいろな世話をしているようです。

衝撃的な育ち方ですね。

なぜ食糞するのか

それにしても、なぜ餌としてフンを選んだのでしょうか。

ゴホンダイコクコガネが食するのは獣のフンです。

これは食糞性の虫の種によって異なるようで、サルのフンを食するフン虫もいるようです。

ちなみに分かりやすくフンを丸めて転がす「フンコロガシ」は、日本では3種ほどが確認されているようです。

スポンサーリンク

彼らは森の奥の方にいる事が多く、地下にもぐってしまう事が多いので、はっきりした生態はまだ分からない事の方が多いようです。

それでも動物がいる限り、フンにも限りがないのですから、食糞というのは賢いような気も少ししますね。

特にフンを丸めたりせず、持っていける分をちぎって、そのままさっさと地下に引きずりこんでしまう事も多いようです。

フンを使ってなにをしているのか?ゴホンダイコクコガネの仕事

ゴホンダイコクコガネは、動物のフンを食べたり地面の下に持ち込んだりすることで、土地を改良し綺麗にする役目を担っています。

アブやハエが多くなり過ぎないように、コントロールしています。

その土地の環境を改善している、という事です。

非常に有益な仕事をしています。

ゴホンダイコクコガネは、森の中より牧場で見つかる事が多い種のようです。

 

ゴホンダイコクコガネと我々人間の歴史

牛や動物が飼育されているところでは、フン虫が活躍していますから、我々人間との関わりの歴史は長く深いはずです。

しかし、ゴホンダイコクコガネを含む「フン虫」についてはまだ研究が進んでいないのです。

これだけ人や環境の役に立っていながら、地下での作業が多く存在が地味であり、またフンにたかる虫という事が災いしたのでしょうか。

それでもコホンダイコクコガネは、見た目が美しい為か、虫が好きな人たちの間ではある一定の人気があるようです。

一般ウケは厳しいながらも、好きな人たちはとても魅了される、という感じでしょうか。

 

綺麗な個体だと、あるいはカブトムシより艶が良いように見えるほどです。

捕獲してきた時点では大抵フンが付いているので、もし見つけても素手ではなく、ピンセットなどを使用すると良いようです。

人知れずもくもくと仕事に打ち込むコホンダイコクコガネには、まだ分からない事が沢山あります。

これから研究が待たれる虫のひとつであるといっても、過言ではないでしょう。

(ライター おもち)

■ カラフルで美しい「カミキリムシ」たちの世界

■ 世界のカブトムシ「音で威嚇するヒメカブト」

■ カブトムシらしくないカブトムシ、「コカブトムシ」見参!!

■ 夏の風物詩 「カブトムシ」の飼い方 飼育方法

■「コガネムシ」を飼うのにエサは何をあげたら良い?

■「カナブン」と「カブトムシ」の幼虫ってどこが違うの?

■ 身近な昆虫「てんとう虫」の世界へようこそ!

スポンサーリンク