アフリカツメガエルをご存知ですか?

お手手がパッと開いていて、とっても可愛いんですよ。

 

アフリカツメガエルは飼育もしやすいので、初心者さんにもおすすめです。

スポンサーリンク

そこで今回は、アフリカツメガエルの飼育について、詳しく紹介していきたいと思います。

アフリカツメガエルとは?

「アフリカツメガエル」とは、無尾目ピパ科ツメガエル属の蛙です。

別名「ツメガエル」とも呼ばれています。

 

アフリカツメガエルはナイジェリアやカメルーン、ザンビアや南アフリカ共和国などに生息しています。

アフリカツメガエルの卵の大きさは直径1~2mmです。

 

卵から孵り、幼体の時はオタマジャクシになります。

長い髭があり、オタマジャクシというよりナマズのような形をしています。

 

他のカエルとは違って、オタマジャクシの時に歯がありません。

成体の大きさは体長が5~13センチぐらいです。

頭が小さくて、手の指が特徴的です。

 

口に舌がないので、餌を食べる時は手を使って食べます。

この手を使って食べる仕草がとっても可愛いんですよ。

体の色は暗灰色で、ツルんとした手触りです。

 

黒くてクリクリのお目目は小さいんですがとってもキュートです。

アフリカツメガエルは完全に水中のなかで生活するカエルです。

 

息継ぎをするために少しだけ水面に出ます。

アルビノのアフリカツメガエルもいるそうです。

アフリカツメガエルの寿命は10~20年が平均ですが、個体によっては25年生きるものもいるそうです。

アフリカツメガエルの飼育に必要なもの

30センチ水槽

(アフリカツメガエル6匹ぐらいまではこの大きさでOK)

水槽の蓋

(アフリカツメガエルは飛んで脱走するので、隙間のない蓋が必要です)

スポンサーリンク

隠れ家

(少量の浮き草や水草など)

アフリカツメガエルが安心して生活できるように隠れ家はあったほうが良いです。

アフリカツメガエルは水の中に棲むカエルなので、床材は必要ありませんが、水槽の中に砂利などを敷くと見た目がよくなりますよ。

アフリカツメガエルの餌

アフリカツメガエルは雑食です。

イトミミズやアカムシ、魚用の餌、牛レバーなどを食べます。

 

沈下タイプのエサの方が食べやすいそうです。

餌やリは、3~4日に1回でOKです。

 

アフリカツメガエルがオタマジャクシの時は草食です。

ほうれん草を絞った汁や裏ごししたグリンピースなどを食べます。

アフリカツメガエルの飼育方法

水は水道水をそのまま使うのはやめましょう。

カルキ抜きをするか、天日干しなどを行ったものを使いましょう。

水は15センチぐらい入れましょう。

 

アフリカツメガエルの最適な水温は23度です。

ですが、冬場であってもヒーターはあまり必要ありません。

室内飼育であれば寒さで死ぬことはありません。

 

水替えは一週間に1回、半分の量の水を交換しましょう。

水槽が汚れていたり、餌が残っていて汚い時は、その都度掃除してあげましょうね。

 

アフリカツメガエルが小さな魚を食べてしまうので、小さな魚などと一緒の水槽で飼育するのは避けたほうがよさそうです。

アフリカツメガエルを多頭飼いするのはOKです。

アフリカツメガエルは微量の毒をもっているので、アフリカツメガエルを触った後は必ず手を洗うようにしましょう。

アフリカツメガエルの飼育について まとめ

アフリカツメガエルの飼育について詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

アフリカツメガエルは飛んで脱走することで有名です。

 

脱走しないように蓋が必要ですが、比較的飼育は簡単です。

興味をもたれた方は、是非アフリカツメガエルを飼育してみてください!

アフリカツメガエルの魅力に取り付かれること間違いありませんよ。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク