今回は、ゾウガメについてご紹介いたします。

ゾウガメってどんな生き物?

ゾウガメは、その名の通りゾウのように身体の大きいリクガメです。インド洋や太平洋などに生息しており、それぞれ捕食の危機に乏しい中での成長だった為に、大型に進化したと考えられています。

スポンサーリンク

大航海時代においては、船員等の食糧として乱獲されていたために大半が絶滅してしまい、現在はアルダブラゾウガメ(インド洋)とガラパゴスゾウガメ(太平洋)が生存しています。

ゾウガメの特徴は?

体長は1メートル以上になる大型のリクガメです。草やサボテンなどを食す草食動物です。

夏・冬ともに寝ます。

 

『冬眠』は聞いたことがあると思いますが、『夏眠』もする生き物で、厳しい環境を回避する特徴があります。

甲羅に水分を貯めておけるので、1年くらいは飲まず食わずで生き延びることができます。

また、大型故にゆっくり動くゾウガメは、ゆっくり動くことで消費体力を節約していると考えられています。

ゾウガメの寿命は?

よく『鶴は千年、亀は万年』という言葉があるように亀は長寿で知られていますが、ゾウガメも長寿の生き物として有名です。

スポンサーリンク

ガラパゴスゾウガメの平均寿命は、100歳と言われています。

なぜ長寿になるのかというと、特徴として挙げた①冬眠・夏眠をすること②行動がゆっくりという点が長生きできるちょっとしたコツと考えられています。

ひとくちメモ

長寿であり、100年以上生きる個体も多い。また、2005年まで生存したアルダブラゾウガメのアドワイチャは、250年以上生きた可能性があり、確実な証拠はないが世界最長寿の動物だったともいわれる。現在は、セイシェルのバード島に生息する女性名エスメラルダと呼ばれる雄のセイシェルゾウガメが200歳で最長寿と言われている。(引用元:Wikipedia)

ゾウガメの飼育方法

室内環境を25度前後で年間保ち続けてください。

また、35~40度くらいのホットスポットを用意してあげてください。

熱中症で死んでしまう可能性がありますので、暑すぎる環境下で飼うことは控えましょう。

 

日陰で水浴びをする習性がありますので、プールのような場所も用意してあげてください。

餌は、毎日あげる必要はありません。干し草などを置いてあげれば、気が向いた時に食べます。

トイレの躾ができません。その点は覚えておきましょう。

 

また、長生きする生き物ですのでのんびり一緒に長く暮らしたいとお考えでしたらピッタリなリクガメさんです。

ちゃんと生きていける環境を整えてあげてください。もし目を離す場合には大型犬用のゲージの中で放しておくとトイレの片付けなど大変にはならないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ゾウガメについてちょっとは知ることができたでしょうか。もしペットとしてお迎えしたい場合は環境を整えてあげてください!

(ライター:Teyo)

スポンサーリンク