動物園には必ずと言っていいほどいるライオン。

百獣の王として人気のある動物です。

そんな王者の風格のあるライオンたち、寿命は一体どれくらいなのかご存知でしょうか?

スポンサーリンク

ライオンの生態

ライオンはサハラ砂漠以南のアフリカ、インド西部に生息しています。ネコ科の動物の中ではトラに次いで2番目に体の大きな動物です。

アフリカ大陸に生息しているライオンをアフリカライオンといい、インド西部に生息しているライオンをアジアライオンと言います。

アフリカライオンはアフリカ大陸西部・中部と南部・東部で遺伝的系統が違うと言われていますが、研究があまり進んでおらず、はっきりとしたことはわかっていないのが現状です。

 

体長は、オスが170~250㎝、150~250kg、メスが160~180㎝、120~180kgほどです。

オス1~3頭、メス10~12頭ほどの群れで行動していて、なわばりの広さは20~400㎢にもなります。

 

鳴き声や尿でなわばりを主張し、なわばりの範囲はエサのあるなしによってその広さが変わってくるようです。

オスは基本的には縄張り内のメスを守る役割を持ち、狩りはメスが集団で行います。

 

あまり狩りが上手ではないので、夜に行うことが多いのですが、背丈の高い草が生えている場所で身を隠せるようなときは昼に行うこともあります。

扇型に相手を取り囲むように、じわりじわりと極限まで近づいてとびかかる、という狩り方法です。

メスの妊娠期間は4か月ほどで、授乳期間は7~10か月。

 

集団とは少し離れた巣穴で1~4頭の子供を産みます。メスは子育ての時、同時に生まれた集団内の自分の子供以外の子供にも乳を与えます。

3~4か月経つころメスは再び子供を連れて集団の中に戻ります。

スポンサーリンク

 

2~3年で成長したオスは群れを出て新しい群れを形成しますが、新しい群れをつくるまでの期間は同じ群れにいたオス同士でいることが多いようです。

こんな時はオスも狩りをしなければならないようです。

ライオンの種類

世界のライオンは大きく7種類に分類されています。

それぞれの種類に関して簡単に説明しますと、インドの北西部の保護区に500頭ほどしかいないと言われるアジアライオンはアフリカに生息しているライオンに比べると小さ目で、群れずに単独で狩りをするのが特徴です。

 

バーバリーライオンの野生種は既に絶滅したと考えられていて、アトラス山脈一帯に生息していました。

ライオンの中では最も体が大きく、各地の動物園で飼育されているものはこのバーバリーライオンではないかと言われています。

 

西アフリカライオンはセネガルライオンともいわれ、タテガミが発達せず、体長も南アフリカのライオンに比べ小型です。

他にアフリカに生息しているライオンとしては、コンゴライオン、アンゴラライオン、トランスバールライオン、マサイライオンがいます。

ライオンの寿命

ライオンの寿命は野生下ではメスの方が長いと言われています。

メスは自分で狩りをすることが出来ますが、オスは縄張りを失ってしまうと自分では獲物を捕ることが出来ないからです。

 

そう考えると、威厳と風格、力強さを蓄え続けなければいけないオスの性は何とも厳しいものです。

オスの寿命は10年、メスは15年と言われています。

 

飼育下での寿命は長く、日本の動物園では24歳というのが最長寿記録のようです。

海外では30歳という記録も残されています。

ライオンの生態と寿命に関するまとめ

ライオンは7種類に分類されていて、既に野生下では絶滅したものもいる。

基本的には夜行性で、狩りは夜にメスが集団で行うことが多い。

 

オスのライオンは自ら狩りが出来ず、寿命はメスよりも短い10年。メスは15年。

飼育下では30歳という長寿記録がある。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク