タコクラゲは、ハチクラゲ類・根口水母目・タコクラゲ科の腔腸動物です。

ここではタコクラゲの飼育方法を紹介します。

タコクラゲの生態

タコクラゲは、関東以南の暖かく波の静かな海で、水温が28℃を超えた初夏から見られます。

スポンサーリンク

無毒の小さなクラゲで、褐色を帯びた半透明のその体には、多数の小さな白っぽいまだらが有ります。

 

体が褐色を帯びているのは、体内に褐虫藻が共生しているからです。

タコクラゲは、安全な住環境を褐虫藻に与え、褐虫藻はタコクラゲに光合成で生産した栄養分を与えます。

 

半球状の笠と、口まわりに8本の触手があります。

触手の数がタコと同じ8本であることから、タコクラゲと呼ばれるようになりました。

 

タコクラゲは、傘径が10センチほどの小型のクラゲですが、なかには20センチまで育つ個体もいます。

愛らしく、ゆっくりと泳ぐのでペットとして人気です。

 

タコクラゲの販売店

タコクラゲは、以下のネット通販などで購入できます。

Amazon

YAHOO!ショッピング

楽天市場

タコクラゲの飼育のまえに準備するもの

タコクラゲの飼育には以下のものが必要となります。

スポンサーリンク
  • 水槽(40センチ~60センチ)
  • ろ過フィルター
  • エサ
  • 海水、または海水の素
  • ヒーター
  • クラゲを隔離して餌を与えるための容器

タコクラゲの飼育時に気をつけること

タコクラゲの飼育で、ほかのクラゲと異なる注意点は、体内に褐虫藻を共生させていることです。

できるだけ強めの光を長く当てるようにしてください。

ただし、当てすぎるとコケだらけになってしまうので、メンテナンスを頻繁にする必要があります。

 

また、タコクラゲは、傘に空気が入ると穴が開いてしまいます。

シャワーパイプの吐出口は、水面より下になるようにして、空気が混入しないようにしてください。

 

タコクラゲの傘は、岩などの障害物に触れても傷んでしまいます。

レイアウトは砂以外には何も入れないほうが良いでしょう。

 

外気温が30℃を超える場合は、冷却ファンやクーラーが必要となります。

ファンの使用時や冬季は、水が蒸発しやすいので比重をこまめにチェックし、濃い場合は、カルキを抜いて温度を合わせた淡水を補充してください。

クラゲ以外の生体との混泳は、飼育の難易度が高いので、あまりオススメできません。

タコクラゲの餌について

タコクラゲは、自然界では小さなプランクトンを食べています。

飼育するときは、人工餌を与えます。

タコクラゲを販売しているペットショップで、「クラゲのエサ」を購入しましょう。

 

エサは1日1回与えます。スポイトですくって、タコクラゲの触手に吹きかけるようにして与えてください。

なお、エサを与えすぎると水を汚しますので気をつけてください。

タコクラゲの寿命など

タコクラゲの寿命は、自然環境下では1年から2年だといわれています。

飼育時には数ヶ月しか生きない場合もあります。

タコクラゲのまとめ

以上、タコクラゲの飼育についていかがでしたか?

褐虫藻が共生していて、光を当てた量によって体色が変化するというのは、実際、綺麗ですけれど、しかしよく考えてみると不気味です。

個人的には、ネット通販で買えることに驚きました。

 

生物が配送されてくるなんて、なかなかすごいことですよね。

お値段も手頃なので興味を持った方は、ぜひ、飼育にチャレンジしてみてください。

(ライター ジュン)

スポンサーリンク