「座礁して死んだクジラが爆発する」という何とも信じがたい話を聞いたことがありますか?

「それは都市伝説でしょ!」という人もいるかもしれませんが、そうではありません。

スポンサーリンク

本当にクジラの死体は爆発するのです。

今回はそんな爆発のメカニズムなどについて詳しく見ていきたいと思います。

死んだクジラが爆発・破裂するのはなぜ?

クジラが爆発する理由、それは「腐敗」によるものです。

死んだクジラは当然どんどん腐敗が進んでいくわけですが、その過程で体内のバクテリアによりメタンガスや硫化水素などのガスが発生。

 

そのガスが逃げ道を失いパンパンに溜まってしまった時、クジラの体は破裂、場合によっては大爆発となってしまうのです。

体が大きい分ガスの量も多く、爆発の威力は凄まじいもので、爆発で飛ばされた体の破片が窓を割ったり車をつぶしてしまったりすることもあるんだとか。

 

破裂するメカニズムを見るとわかるように、破裂するのはクジラに限ったことではなく、どの生き物でも起こり得ることです。

ただ、クジラほど大型の動物は他にいないので、ガスが溜まる前に他の動物が死骸を食べてしまったり、仮に破裂しても「爆発」と言えるほどの威力もないので話題には上らないのでしょうね。

 

クジラは死骸を見ること自体とても珍しいことですし、それが爆発したとなればかなりの話題になりますもんね…。

台湾ではマッコウクジラの死体を運搬中に街中で爆発、周囲の店先や見物人、通行する自動車などに撒き散らしてしまい大惨事となった事件も…。

 

グロテスクなのはもちろんですが、そこらじゅう脂まみれで掃除が大変、腐敗しているので臭いもかなり強烈だったそうです。

砂浜ならばまだ被害は少なくて済みますが、街中だと大変なことになりますよね。

スポンサーリンク

 

もしもパンパンに膨らんだクジラの死体を見つけても、決して近づいてはいけません。

危険ですので。

 

ただし必ずしも死んだクジラが爆発するわけではなく、通常であれば体内で発生したガスは徐々に抜けていく場合がほとんどです。

それでも細菌や病原菌がついている場合もあるので、近寄らないようにしましょう。

地震の前触れ?なぜ座礁するのか

クジラやイルカの座礁は地震の前触れと言われますが、そもそもなぜ彼らは座礁してしまうのでしょうか。

その原因はいくつかあり、複数の原因が絡み合って起こる場合がほとんどです。

座礁の原因となるのは以下の通り。

  • シャチやサメなどの外敵から逃げる際に、誤って浅瀬に入って抜け出せなくなってしまった
  • 餌を追いかけていて、誤って浅瀬に入って抜け出せなくなってしまった
  • なんらかの障害により超音波探知や磁場探知の機能が異常を起こした

クジラの座礁が地震の前兆だと言われているのは、地震が起こる前の磁場の変化により、方向感覚が分からなくなるためだとも言われています。

 

ただし、現在の研究ではいまだクジラの座礁と地震の関係ははっきりとは解明されておらず、反対に座礁と地震は全く関係がないと言い切る研究者もいるのです。

でも実際に大地震が起きる前にはイルカやクジラが座礁する事故は多いんですよね…。

 

偶然にしてはできすぎているような気がしませんか?

他にも地震の前には何か異常行動を起こす生き物はたくさんいますし。

というわけで、私は「地震とクジラの座礁は関係がある」派を支持します。

クジラについてのまとめ

クジラって知名度の割に現実で見かけることは一生のうちでほぼ無いので、「死んだら爆発する」なんて言われても都市伝説程度にしか信じられないのも無理はありません。

最近では座礁して死んだクジラの処分も迅速に行われることが多いので、爆発することも少ないのではないでしょうか。

(ライター もんぷち)

スポンサーリンク