モズのはやにえという行為をご存じだろうか?

見た目の可愛らしさからは想像もつかないモズの行動をご紹介します。

モズの生息域

モズはスズメ目モズ科モズ属に分類され、日本や中国南部、ロシア南東部、朝鮮などに生息しています。

スポンサーリンク

日本で見かけるモズは基亜種で北部や標高の高い地域に生息していて、秋が来ると南下するものや逆に高地に移動していくものがいます。

一応、周年を通して日本に生息しているということになっていますが、南西諸島などでは渡りの途中に寄る現象もみられるそうです。

モズの名前の由来

モズは漢字で書くと「百舌」や「百舌鳥」となります。

百もの舌を持っているってどういうことなのでしょうか。

 

それはモズが色々な鳥の声色を真似するということなんです。

繁殖期に鳴くオスのさえずりは一羽の鳥が鳴いているとは思えないほど。

 

豊かな森で多くの鳥たちのさえずりが聞こえてくるような錯覚を覚えるほどです。

これが、モズのオスの求愛ソングになって、メスを惹きつけるのです。

モズの生態

モズのオスは茶褐色でお腹部分が白っぽく、目の上に白い眉のようなものがあります。

メスは全身が茶褐色です。体長は20㎝前後。

2~8月になると樹上や茂みの中に小枝などを集めて巣を作り、4~6個の卵を産みます。

メスが12~14日抱卵し、孵化した後は巣立ちまで16日ほどです。

 

この間、カッコウに托卵されてしまうこともあります。

また、年に2回ほど産卵することもあるようです。

モズの「はやにえ」

モズは一見可愛らしい雰囲気をもちながら、実は結構獰猛な鳥です。

基本肉食で、昆虫はもちろん、甲殻類や小型の爬虫類や小型の鳥類なども捕食します。

 

嘴が小さいながらも鷹のように鉤になっていて、肉を引きちぎるのに向いているというわけ。

しかし、足の力がそれほど強くないので、タカや鷲のように足でつかんだり、押さえつけたりすることがあまり得意ではないと考えられています。

 

そこで、モズたちはとった獲物をどうするか??

スポンサーリンク

木の枝や格子鉄線などのとがったところに半殺しのまま串刺しにするのです。

 

そう、まるで焼き鳥のように・・・・。

その姿は結構グロテスクな光景で、枝の先でぴくぴくとハチやカエルが動いていることもあります。

この行為は「はやにえ」と呼ばれていますが、何のために行っているかについては色々な説があるようです。

モズが「はやにえ」をする理由

一つは先述したように、エサを完全に死なせてから食べるため。

一度串に刺して動けなくしてから、肉を引きちぎって食べるという、なんとも賢い方法をとっているということです。

 

しかし、モズの様子を注意深く観察していると、確かに串刺しにしたエサを食べていることもあるのですが、串刺しにしたままエサを放置して忘れてしまうことも多く、そのまま他の鳥にそのエサを食べられてしまうということも頻繁にあるのです。

 

ということは、エサに対する執着は少なく、捕食目的ではないということになります。

現在、最も有力な説としては、捕獲したものを枝に突き刺すことで自分の縄張りを主張しているのだという説。

 

これは本能に従って行われる行為で、空腹や満腹は関係なく、動いているものを見るとハンティングし、その強さを周りに誇示するために突き刺す――――という、人間に例えて言うなら、お金持を持っている人間が高級ブランドの新商品を次々と買って身に着けて見せびらかし、自分を誇示するようなもの!?

 

いや、違うな・・猟師がクマを撃って、クマの毛皮を帽子にしてかぶっているようなもの!?

う~ん、それもまた違うような気がするけれど、いずれにしてもモズの鉤状に曲がったくちばしを見れば、ハンティングが本能というのは、なるほどと思ってしまうわけで、声色の綺麗な単なる可愛い鳥というわけではないということです。

モズと人間の関わり

モズの声色を真似する様子や昔話から、飲食などで仲間にだけお金を出させて自分は出さないことを百舌勘定と言ったり、大阪堺市ではモズが市の鳥として指定され、キャラクターがつくられたり、シュライカー大阪というフットサルチームが存在したり、モズは意外にも人間の生活の中に溶け込んでいる鳥でもあるのです。

モズに関するまとめ

モズはスズメ目に分類される鳥。

一年中日本に生息している。

 

いく種もの他の鳥の鳴き声をまねしたり、「はやにえ」という行動をとる。

キャラクターやスポーツチームの名前に使われるなど、私たちの暮らしの中にも入りこんでいる。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク