皆さんはマムシを見たことがありますか?
田舎で暮らしたことやキャンプに行ったことのない方には無縁の話かもしれませんが、実際に日本にも生息し、年配の方では亡くなっている例もあるほどのヘビです。

マムシって?

マムシは北海道から本州、四国、九州地方、大隅諸島、国後島などに生息しています。
体長は40~60㎝。中には1m以上のものも存在します。

スポンサーリンク

北海道に生息しているものは大型で60㎝以上あり、伊豆大島には赤色の濃い赤マムシと呼ばれるマムシも存在しています。
全身の中でも特に胴体部分が太く、短く太いという印象の強いヘビです。

マムシの生態

マムシは生息している地域によってその生態にも違いがありますが、おおむね小型の哺乳類や鳥類、魚類などを捕食し、共食いの光景も確認されているようです。
敵が現れると頸部をもたげ舌を出し入れして尾を細かく振り、怒りを表現します。

 

威嚇音の「シャー――――」という音もだし、全力で相手を威嚇します。肛門から強烈なにおいを発することもあるようで、まるでスカンクのよう。
樹皮の荒い木には木登りもしますが、基本的にはあまり木には登らないようです。

 

8~9月に交尾をしますが、メスは体内の腺組織内にオスの精子を蓄え、受精自体は翌年の6月に行います。受精から90日後に2~14匹の幼体を出産。出産直後の幼体は20㎝ほどです。
卵で出産をせず、幼体を産むのには幼生期の淘汰率を軽減するためだと考えられています。

孵化率も体内で孵化させた方が断然アップします。

 

マムシの成熟は比較的時間がかかり、3~4年ほどだと言われています。
出産のスパンも2~3年ほどで、寿命は10年ほどですから、メスのマムシが一生のうちに出産できるのは1~2回だけということになります。

 

一生のうちに多くても30個ほどの幼体しか産めないということ。
それでも出産時には死んだ状態で生まれてくる幼体もいるというのだから、実際にはもっと少ないことになります。

 

11月になると冬眠の準備です。
冬眠は地域差もありますが、3月頃まで。冬眠に入る前の天気の良い日には日光浴をし、体温を上昇させてから冬眠に入ります。

マムシの毒性

マムシの毒性は沖縄に生息しているハブよりもはるかに強いです。

スポンサーリンク

しかし、体の大きさがそれほど大きくないので一度に出される毒量はそれほど多くはありません。

 

20gのマウスの静脈に毒を注入した場合の半数致死量は約20マイクログラム。

ハブの35マイクログラムと比べるとその強力さがよくわかります。

マムシの退治と駆除方法

そんな猛毒を持ったマムシは基本的に10℃以上あれば、活動しています。
山登りだけでなく、家の周りに出没することもありますので、周りに山や畑、田んぼ上がる場合には注意が必要です。

 

特に、マムシの子育ての時期の8~10月はマムシも攻撃的になっていますので、用心デス。
まず、山登りに言った時には藪の中に入っていかないことと、岩場などを上る際には注意しながら登って下さい。

基本的にはこちらが近づきすぎない限りは向こうからは襲ってきませんので、出そうな場所では足場を慎重に選ぶことをオススメします。

 

後は家の周り。家の周りから藪や岩場のような、マムシの好む場所を排除しましょう。
ヘビ除けの薬剤なども売っていますが、マムシに関してはあまり効果があるという話は聞いたことがありません。

 

大きな穴を掘って、その中にカエルなどを入れておくとマムシがいれば必ずそのカエルを食べにやってきて、バケツの中からは出ることが出来ないのだとか。
見つけたら、あとは頭部分をちょんぱしてさようなら。

 

そんな勇気のない人は駆除業者さんに頼むしかありません。
15000~20000円ほどで駆除してくれるようなので、自分で駆除できなかったり、小さいお子様のいるご家庭なら、こちらの方が安心かもしれません。

マムシ退治と駆除のまとめ

これからのシーズンはマムシに注意の季節。
特に暑い日の多い近頃の日本では、変なタイミングでマムシが出てくることもしばしばです。
蒸し暑い日には特に注意!岩場と藪に注意!!です。

(ライター ナオ)

■ 悶絶!!危険な「毒蛇」7選!

■ マムシの毒の強さってどれくらい?

■ 実は存在しない「マムシ」の卵

■ 「マムシ」に犬が噛まれてしまった?

■ アオダイショウの子ども(幼蛇)がマムシに似ている?

スポンサーリンク