あまり耳馴染みのない名前かもしれませんが、シバンムシによる被害は世界中の家庭で報告さえています。

あなたの家でもいつ発生するかわからない、シバンムシ被害の予防と駆除の方法を、みなさんにご紹介していきます。

シバンムシってどんな虫?

シバンムシはコウチュウ目シバンムシ科に属する昆虫です。

スポンサーリンク

シバンムシは漢字で「死番虫」と書きます。

これは英名の「Death Watch Beetle」を直訳したものです。

ヨーロッパの伝承によると死神は死期を数えるための時計を持っており、ヨーロッパ産のシバンムシが雌雄間の交信音として発する、頭部を木材に打ち付ける「カチ、カチ」という音が死神の時計の音のように聞こえることから、この名が付けられたそうです。

また、古代エジプトのミイラと一緒に発見されたことや、木材を食害するシバンムシが古い病院で大発生したことが命名の由来になったという説もあります。

シバンムシの生態

シバンムシは世界中で約二千種、国内だけでも60種以上が確認されていますが、いずれもかなり小型の甲虫で、その全長は1~数mm程度しかありません。

成虫の多くは細長い楕円のような形をしており、またその殆どが赤褐色から黒色の外見です。

シバンムシの幼虫は、カブトムシやクワガタなど甲虫の仲間の幼虫によく似た外見をしています。

シバンムシは成虫になると摂食を一切行わなくなりますが、幼虫の食性は多様で、植物や木材、食品などを貪欲に摂食することで成長していきます。

 

シバンムシと人間との関わり

前述したように、シバンムシの幼虫は木材や食品を摂食するため、人家の中で大量発生したり、木造建築や文化財などを食害することも少なくありません。

そのため、害虫としてしばしば駆除の対象となっています。

また、シバンムシが大量発生することで、シバンムシの幼虫に寄生するシバンムシアリガタバチも同じように発生し、シバンムシアリガタバチに刺されてしまうという二次被害が引き起こされることもあるため、シバンムシには広く注意が必要です。

 

シバンムシの種類

ジンサンシバンムシは、全長2.0~3.5mmの大きさで、細長い楕円形で茶褐色の外見をしています。

日本全土を含む世界中で広く分布しており、お菓子や乾麺、ペットフードや漢方薬など、動物性植物性を問わず、乾燥食品を好んで摂食するため、多くの家庭で被害がみられます。

スポンサーリンク

タバコシバンムシも、ジンサンシバンムシと並び世界中の家庭で多くの被害がみられる害虫で、外見もジンサンシバンムシと殆ど見分けがつきません。

 

ケブカシバンムシは、全長3.5~6.0mmと比較的大型で、その名のとおり全身が短い毛で覆われています。

夜行性のためあまり人目につくことはありませんが、古い木材を好んで摂食するため、神社や仏閣などの木造建築物や、木製の仏像など文化財における重要な害虫に数えられています。

シバンムシを駆除する方法

家庭内で見かけるシバンムシの殆どは、ジンサンシバンムシかタバコシバンムシです。

シバンムシが発生していることを確認したら、発生源を特定し、市販の殺虫剤で駆除しましょう。

スプレータイプ、燻煙タイプどちらでも構いません。

ケブカシバンムシやマツザイシバンムシなどの木材を食害するタイプのシバンムシは、木材表面に直径1.0mm程度の穴を穿つ性質があるため、その穴にスプレータイプの殺虫剤を噴射したら爪楊枝などで蓋をして、薬剤の効き目を閉じ込めておくことで効率的に駆除することができます。

アース製薬 アースジェット 450mL 2本パック

新品価格
¥495から
(2017/5/8 22:08時点)

発生源がそれほど大きくない場合には、発生源を袋に入れたまま袋の中に殺虫剤を噴霧し、数時間放置しておくと効果的でしょう。

シバンムシはその種類によって、食害する対象が異なります。

家庭で大量発生するシバンムシの多くは、掃除しきれなかった食品の屑や長い間放置された植物や木材などを発生源としています。

家中の隅々を丁寧に掃除し、発生源となり得るものは密閉容器に移すか不要であれば破棄するなどして、シバンムシの発生を未然に防ぎましょう。

(ライター:國谷正明)

スポンサーリンク