トカゲって超かわいいですよね!!

最近はトカゲをペットとして飼う人が増えているようで、ペットショップの売り場を見てみると密かに盛り上がっているようです。

今回は超かわいいトカゲちゃんのお話。

スポンサーリンク

可愛くて初心者にも飼いやすいトカゲを何匹か紹介したいと思います。

これからトカゲを飼ってみようかと思っている方は参考にしてみて下さい。

ヒョウモントカゲモドキ

昔からトカゲのペットとして定評のあるヒョウモントカゲモドキ。

別名、レオパードゲッコー(レオパ)です。

「トカゲモドキ」なので正確にはヤモリですが、カテゴリーは一緒になります。

■トカゲとヤモリの違いって?

飼育・繁殖が比較的簡単で、ネットや書籍でも実際にヒョウモントカゲモドキを飼育している人のブログや情報誌などが売られており、トカゲを初めて飼おうと思っている方にもおすすめのトカゲです。

ヒョウモントカゲモドキは皆さんが想像しているトカゲのイメージに近いと思います。

ヒョウモントカゲモドキは、丈夫で動きがゆっくりで突発的な動きをしないので手で触ったりする時にも噛まれることは少ないです。

 

また、トカゲなどの爬虫類を飼育する際に気になるポイントの1つで「噛むか」ということを心配される方も多いですがヒョウモントカゲモドキは滅多に噛まれません。

そしてなによりめちゃくちゃ可愛いトカゲです。

カラフルでおっとりしているので見ているだけで癒やされてしまいます。

エリマキトカゲ

特徴的な襟部分が魅力的でかわいいトカゲです。

エリマキトカゲは、オーストラリアやパプアニューギニアに生息していて、広がった襟の部分はエリマキトカゲの皮膚なんですね。

エリマキトカゲの持っている襟は相手を威嚇するためのものなので普通は開くことはありませんが、ふと見せるエリマキトカゲの襟はもう最高にかわいいです。

 

威厳のあるかわいいトカゲが欲しい方におすすめです。

エリマキトカゲは臆病な性格でストレスに弱かったりとヒョウモントカゲモドキとくらべて若干飼育難易度は高いですが、様々な面を見ることができる魅力あるトカゲです。

フトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲは皮膚の凹凸が美しくかわいいトカゲです。

スポンサーリンク

結構大きめに成長するトカゲなので狭いアパートなどで飼うのは少々大変かもしれませんね。

あと、初期費用や生き餌(コオロギなど)が必要となってくるのでその辺の費用も掛かります。

寿命は10〜15年と言われており大切に育てれば長生きしてくれます。

 

グリーンイグアナ

グリーンイグアナは、その名のとおり美しい緑色のトカゲです。

目の色も特徴的でかわいいというよりカッコいいトカゲとも言えます。

主に南米の熱帯雨林に生息していて、水辺に生息しています。

泳ぎがうまく植物を主食とする草食系のトカゲです。

イグアナは大人しく、とても頭がよいので飼い主を見分けることができるそうです。

 

飼育次第ではありますが、飼い主との距離が近くなれば懐いてくれると思います。

海外の動画サイトなどを見てみると、人間の飼い主に懐いた動画より飼い主が買っている他のペット(猫やインコ)などと仲良くなっている動画が多く見受けられます。

イグアナのように自分のことを分かってくれるペットというのはなんとも魅力があります。

ただ、イグアナは他のトカゲよりも力が強く、爪や歯も鋭いので飼育にはやはり注意が必要です。特に繁殖期のオスは性格が凶暴になるので飼育する際は注意が必要です。

かわいいトカゲちゃんのまとめ

トカゲは観賞用として楽しむのも良いですが、慣れてくるとゲージから出して服や手の上に乗せて近い距離で戯れることができるペットでもあります。

トカゲの寿命は長いので飼い始める責任を伴いますが、トカゲに癒やされたい方にはおすすめです。

もし、本当にトカゲが愛おしくて堪らない方はぜひ爬虫類をテーマにした動物園やカフェなどに行ってみてはいかがでしょうか。

(ライター Sugi)

■ よく見るとかなりかわいいやつがいる!「ヤモリの飼い方」

■ 似てるけど全然違う生き物!「トカゲとヤモリの違いって?」

■ 名前も形もそっくりだけど?「イモリとヤモリの違いって?」

■ かわいい珍獣、メキシコサラマンダー

■ ミミズっぽく、モグラっぽいトカゲ「アホロテトカゲ」

■ 恐怖!!異形の生物「エダハヘラオヤモリ」

■「カエルはなぜ鳴くの?」真夏の大合唱の正体

スポンサーリンク