皆さんは、『アタマジラミ』というシラミをご存知でしょうか。

子どもの頃、気を付けて!と注意を受けたことがあるかと思います。

今回は、『アタマジラミ』の症状などについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

アタマジラミって?

小さなお子さまだけでなく、誰でも感染するシラミです。ヒトに寄生するシラミの仲間で、他に『ケジラミ』『コロモジラミ』がいます。

皮膚から吸血し(幼虫も成虫も)かゆみ・湿疹などを引き起こします。ヒトに感染するので、他の動物に感染することはありません。

逆に他の動物に感染しているシラミはヒトには感染しません。

ヒトへの寄生をやめたシラミは2~3日で死にます。ノミとは異なり、運動能力がない為飛び跳ねることはありません。

 

ただし、繁殖力が非常に高い為、早期発見が重要となってきます。シラミは季節に関係なく、1年中発生が見られます。小学生・子どもたちの感染が多くみられるのは、頭をくっつけて遊ぶことが多い為に感染率が高いと考えられます。

アタマジラミの感染・寄生

アタマジラミは、2~4㎜ほどの大きさで、頭(髪の毛)に接触します。

髪の毛に卵を産みつけ、7~10日で孵化した卵が1~2週間で幼虫から成虫になります。

成虫は、1ヵ月間生息します。髪に産み付ける卵は、1日におよそ3~4個と言われ、何と1ヵ月で約100個も産卵します。

 

卵は、セメントのような接着剤でしっかりと固着させる為、指で掴んでもなかなか取れない特徴があります。

側頭部・後頭部・耳の後ろなどに産み付けます。卵の色は、灰白色の楕円形です。シラミの成虫は、髪の毛のなかでは素早く動き回ります。

スポンサーリンク

その為、見つけにくいと考えられますが、細かいクシで丁寧に梳いているとシラミが落ちてくることがあります。

アタマジラミの症状

シラミに感染・寄生されると「痒み」を生じます。

また痒くて掻きむしり、その傷から細菌に二次感染することもあります。アタマジラミは、髪の毛と髪の毛が接触した際に感染します。

 

毎日清潔にしていても感染しないということはありません。

プールやお風呂によって感染する可能性は低いです。理由としては、卵がしっかりと固着している為です。

代わりに着替えのタイミングでタオルやクシ・ブラシなどを貸し借りしている場合には感染する恐れがでてきます。

アタマジラミの予防・駆除

予防方法として、他人の髪の毛に触れないこと、身体に触れるものの共有をしないことが第一です。

また、お子さんなどの髪の毛をしっかりチェックして、感染していないか、寄生されていないかを確認する必要があり、早期発見・早期治療をすることが大切です。

 

感染した場合は、次の駆除方法があります。

①スミスリンLシャンプータイプやスミスリンパウダーを使用すること。(アタマジラミ駆除用のものがあります。用法・用量をしっかり守りましょう)

②感染者との洗濯物は分けて洗濯すること。(洗濯前に60度以上のお湯に5分以上浸ける。アタマジラミは、熱に弱い為死滅することが可能です。洗濯乾燥機、アイロンなどもOKです。)

③感染者の触れた洗濯できない物は、2週間ほどポリ袋に入れて放置してください。幼虫・成虫は吸血しないと死んでしまうので、2週間で駆除ができます。

再感染・感染拡大防止のため、シラミが落ちる可能性のあるところはこまめに掃除するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アタマジラミについて知ることができたでしょうか。

大人でも子どもでも感染する可能性がありますので、駆除・感染予防等に気を付けてください。

(ライター:Teyo)

スポンサーリンク