春になると色々な鳥の声が聞こえてきますね。

「チュンチュンチュン」っと、どこからか可愛い鳴き声が聞こえてきませんか?

 

この鳴き声は「スズメ」です。

スポンサーリンク

春になるとスズメは巣を作り、巣立ちます。

今回はスズメの巣の特徴について、詳しく紹介していきたいと思います。

スズメの特徴

「スズメ(雀)」は、スズメ科の鳥です。

ポルトガルから日本まで、広い範囲で分布しています。

日本では全国で見ることができます。

村でも町でも都会でも生活することができます。

日本にはスズメが3種類います。

 

そのなかの1種類は、渡り鳥の性質を持っています。

スズメの大きさは全長が14~15㎝で、体重が18~27グラムになります。

スズメの成鳥は頭が赤茶色で、翼には2本の白い線があります。

背中は褐色で、その中に黒い模様があります。

ほっぺやお腹は白色で、ほっぺには黒い模様があります。

眼や喉、口ばしは黒色です。

 

スズメは雄雌同色になります。

ですので、パッと見た感じではオスメスの区別が付きにくいです。

スズメの雛は、口ばしが淡い黄色になります。

スズメは飛ぶことだけではなく、ホッピングもできます。

 

地面でピョンピョン跳ねながら動くことができます。

スズメは「チュンチュン」と鳴くことで有名ですが、喧嘩の時や威嚇する時には「ジュジュジュッ」と鳴きます。

スズメはイネ科の植物の種や虫を食べる雑食性です。

 

花の蜜やパンくずなども食べます。

スズメは稲を食べますが、稲に付く害虫も食べてくれるので、米農家さんにとっては益鳥になります。

 

野生のスズメの寿命は短く、半年~1年ぐらいだそうです。

飼育下のスズメは10年近く生きるそうですよ。

スズメの巣の特徴

スズメは雨どいや屋根の下、電話ボックスや換気扇など、人の身長よりも高いところに巣を作ります。

スポンサーリンク

これは、他の鳥から襲われないように、高くて見つかりにくい場所に巣を作ります。

 

カラスなどから襲われないように、あえて人のいる近くに巣を作るんですよ。

数センチの隙間や穴があれば、巣を作ります。

スズメは他の鳥が作った巣を再利用したりもします。

スズメの巣は主にイネ科の植物で作られます。

他には犬や猫の毛も材料として使うので、巣に毛が混じっていることもあります。

スズメの巣の大きさは、お茶碗ぐらいです。

スズメの巣作りの時期

スズメの巣作りの時期は春~夏にかけて行われます。

毎年3~8月ぐらいになります。

 

この巣作りは、スズメの繁殖期と同じです。

スズメには繁殖期が2~3回あるので、期間が長いのです。

スズメは巣作りをしながら、交尾をします。

 

メスは1日1個卵を産みます。

合計5~6個の卵を産むのです。

 

12日間ぐらい卵を温めると、雛が生まれます。

生まれてから14日ぐらいで、雛は巣立ちします。

スズメの巣は縁起がいい

実はスズメの巣作りは縁起が良いといわれています。

スズメが家に巣を作ってくれると、その家は家内安全、繁栄するといわれます。

スズメは古く昔から人との繋がりがあります。

冬の膨らんだスズメは「福良スズメ」と呼ばれ、五穀豊穣や豊かさを象徴するとされています。

また、スズメのなかには真っ白いスズメがいます。

このスズメはとても”めでたい鳥”とされているので、見かけた人には良い事がおきるそうですよ。

スズメの巣の特徴について

スズメの巣の特徴について詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

スズメの巣はお茶碗ぐらいの大きさで、イネ科の植物でできています。

 

雨どいや屋根下、電話ボックスなど、わかりにくい高い場所に巣を作ります。

春になると巣を作り、雛が生まれ、巣立ちをします。

スズメの巣を除去したい方は、雛が巣立ちするまで見守ってあげてくださいね。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク