「ヤンバルクイナ」って知っていますか?

ヤンバルクイナは沖縄だけにいる鳥です。

 

ヤンバルクイナってどんな意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ヤンバルクイナの生態、そして名前の漢字表記とその由来について、詳しく紹介していきたいと思います。

ヤンバルクイナとは?

「ヤンバルクイナ(山原水鶏)」とは、ツル目クイナ科ヤンバルクイナ属の鳥です。

日本の固有種で、沖縄県北部のみに生息しています。

 

ムナオビクイナ、カラヤンクイナと近縁です。

日本で唯一飛べない鳥になります。

ヤンバルクイナは全長35cmで、翼の長さが16cmです。

 

翼を広げると50cmぐらいになります。

体重は349~430gです。

上の羽は暗いオリーブ色で、下の羽は白い色の横線が入った黒色です。

 

顔や喉は黒色で、眼の先に白色の班点があります。

足は赤い色をしています。

 

くちばしは足と同じ色をしていて、太いです。

ヤンバルクイナはとても美しい外観の鳥です。

ヤンバルクイナの生態

ヤンバルクイナは標高500m以下の広葉樹林に生息しています。

採草地や海岸付近の民家でも見ることができます。

林の中を歩き回りながら生活しています。

 

ヤンバルクイナは羽を動かす筋肉が発達していないので、ほとんど飛ぶことができません。

縄張りを主張する時は鳴き声を挙げます。

鳴き声は「ケケケケケ・・」です。

 

また、明け方と夕暮れに鳴き声を挙げます。

夕方になると木に登って、夜間になると樹上で休みます。

これは、ハブなどの蛇から身を守るためです。

 

カエル、ミミズ、果実、タニシなどを食べます。

土の中にいる小動物は土をほじくって食べ、カタツムリなどの固い殻は割って食べます。

スポンサーリンク

ヤンバルクイナは巣を地面に作ります。

 

枯れ葉などで簡単に巣を作り、卵を産みます。

5月になると、卵を4~5個産みます。

卵の大きさは直径が5cmぐらいで、短径が3.5cmぐらいです。

 

白地に茶色の斑点模様が入った卵です。

卵から孵化したヤンバルクイナの幼鳥は、くちばしが褐色で、足は黄褐色になります。

ヤンバルクイナの漢字表記とその由来

ヤンバルクイナの漢字表記は「山原水鶏」です。

その由来ですが、”山原(ヤンバル)”とは、沖縄本島北部を指す言葉です。

“水鶏(クイナ)”とは、クイナ科の鳥のことです。

 

1981年に新種のこの鳥の確認を行ったチームで名前を考えている時、「ヤンバルクイナ」または「ヤンバルフミル」などの候補があがりました。

ですが、「ヤンバル(山原)」という言葉は当時一般的ではなく、ただの名称だったので、「オキナワクイナ」の方が良いのではないかと言われていました。

ですが、鳥の保護には地元の理解と協力が必要なので、”ヤンバル”という具体的な名前を入れるほうが良いということになりました。

 

そして「ヤンバルクイナ」と命名されてから、ヤンバルが全国的に知られるようになりました。

ヤンバルは現在、自然の危機にあります。

自然環境の悪化で、ヤンバルクイナの数も減少しています。

 

そんなヤンバルクイナを守るため、医師や地域の方の様々な取り組みが行われています。

ヤンバルクイナの飼育下繁殖や交通事故対策などをしています。

ヤンバルクイナの漢字表記とその由来について まとめ

ヤンバルクイナの漢字表記とその由来について、ヤンバルクイナの生態と共に詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ヤンバルクイナの漢字表記は「山原水鶏」です。

「山原(ヤンバル)」は沖縄島北部を指す言葉で、「水鶏(クイナ)」とは、クイナ科の鳥のことです。

 

年々、ヤンバルクイナの数は減少しています。

ヤンバルクイナを守るために、ヤンバルの自然を守っていかなければなりません。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク