かつて日本でも多くの人がかかっていたアタマジラミ。

近年、また子供たちの間でアタマジラミの確率が高くなってきているのだそうです。

そんなアタマジラミについてまとめてみました。

スポンサーリンク

アタマシラミ

アタマシラミは現在でも年間5000~6000人が感染すると言われるシラミです。

かつて戦後の日本で大量に発生していましたが2015年あたりから再び増えているともいわれています。

 

体長はオスが2~4㎜、メスは2~3㎜程度です。

動物の毛の部分に棲みつき、血液を吸って成長します。もともとは白色なのですが、血液を吸うことで体色は赤色になっています。

 

シラミの卵の孵化には1週間から10日ほどかかり、その後2週間ほどで成虫になります。

寿命は1~2ヵ月ほどですが、次々と卵を産むので自然の状態でいなくなることはほとんどありません。

アタマジラミの症状

アタマジラミがついてしまった場合の症状としては頭のかゆみ、特に耳の後ろや後頭部に痒みが起きます。

頭の痒みのために掻いて湿疹が出たり、とびひが出現します。

髪の毛にフケのようなものが増えて白く見えることもあります。

アタマジラミ対策のシャンプー

アタマジラミが見つかったら、まずは家族の頭皮もチェックしてみましょう。

兄弟にもいる可能性があります。

 

治療方法としてはスミスリンシャンプーやスミスリンパウダーを使いますが、これらのシャンプーは大手のドラッグストアや薬局で売っています。

中に含まれているフェノトリンによって確実にシラミを退治することができます。

スポンサーリンク

 

スミスリンは日本で30年以上も活躍してきたシラミ駆除の薬剤ですが、小さい子供頭皮に薬剤を使いたくない、という最近の傾向やスミスリンに耐性を持ったシラミも出てきている、シャンプー自体の値段が高い、刺激が強いのでヒリヒリして痛いなどの難点はあり最近は敬遠されることもおおようですが・・・。

 

スミスリングシャンプーを使うコツは、まずはよく泡立てて洗髪し、5分間放置します。

成虫や幼虫を洗い流します。コツはよくシャンプーを泡立てること、そして1~2分置いてから洗い流す事、2日の1回の間隔で3~4回繰り返して洗うこと。

 

子供のシャンプーは大人が手伝ってあげましょう。

卵は髪の毛にしっかりとくっついてしまっているので、シャンプーでは孵化した成虫を洗い流すことが目的です。

アタマジラミ専用櫛

最近使われていて、オススメしたいのがシラミ取り専用の櫛です。1本用意すれば家族全員のシラミを完全に除去することが出来るのでとても便利です。

これはドラックストアなどではあまり手に入らないので、ネットショップなどで購入することをおすすめします。

 

櫛がすぐに手元に届かない間、放っておくとシラミの被害は拡大してしまいます。

目の細かい櫛などを使って、シラミをすき落としましょう。

 

お風呂で髪を濡らし、髪の毛に櫛を通します。

1回1回髪をすくごとに櫛についた卵や成虫を落とすためにしっかりとゆすぎます。

 

櫛は使い終わった後、綺麗に洗って錆を防止する為にきちんと乾燥させることも重要です。

その後、いつものシャンプーを使って洗浄します。

 

通常のシャンプーで洗髪する場合もしっかりと泡立てて、シラミの呼吸を止めることを意識します。

泡立てた状態で1~2分置いてから洗い流すことも重要です。

10日間ほど毎日櫛との併用でシャンプーをすればアタマシラミを駆除することができます。

 

専用の櫛が届くまでの応急処置として、シャンプー前にオリーブオイルを頭に塗りまくるという方法もあるようです。頭に塗ったあとラップを頭にまいて5~7分放置し、その後洗髪するという方法。

シラミの息の根をオイルで止めてしまうことが目的です。

痒みが酷くてどうしようもないという人は試してみても良いかもしれません。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク