ヨチヨチ歩きが可愛い「ペンギン」

ペンギン歩き~といいながら、真似したりしますよね。

 

ですが、ペンギンの足は実は長いのではないかと話題になっています。

スポンサーリンク

ペンギンの足は本当に長いのか、ペンギンの生態と共に詳しく探っていきたいと思います。

ペンギンとは?

ペンギンは、主に南半球に生息する海鳥です。

南極ではコウテイペンギンとアデリーペンギンが繁殖しています。

南極周辺の島ではヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、マカロニペンギンが繁殖しています。

ガラパゴス諸島には、ガラパゴスペンギンが生息しています。

ペンギンは実は足が長いの?

実はペンギンは見た目よりもかなり足が長いのです!

ペンギンのレントゲン写真はインターネットで検索すると見ることができるので、信じられない人は調べてみてください(笑)

本当の足の長さは、ペンギンの体全体の4割ぐらいあります。

ペンギンの足は、外から見えているのが足首から下だけで、ペンギンの体には脛、膝、大腿骨が隠れています。

 

ペンギンは水の中で泳ぐことができるので、他の鳥よりも足が尾の近くにあります。

ですのでペンギンは、陸の上では直立に立っていることになります。

ペンギンの足は何故短く見えるの?

ペンギンの足は体で隠れています。

ですのでペンギンの足は短く見えます。

 

ペンギンは寒いところで生活しています。

その為、体の熱を逃がさないように体が丸い形になったそうです。

 

足が短い方が体の熱を逃がしにくいので、ペンギンは自然とふしょ骨が短くなったそうなのです。

ふしょ骨は、かかとから下の部分です。

スポンサーリンク

ふしょ骨が短いと、足が短いと思われがちなのだそうですよ。

 

実は庭で見かける鳥達も、実はもっと足が長いんですよ。

大腿骨は体の上の方に収納されていて、羽で全部被われているのです。

ペンギンの進化

ペンギンはもともと空を飛ぶことができました。

ですが、今はペンギンは飛ぶことができません。

それは何故でしょうか?

 

実はペンギンは生きていくために、飛ぶことを止めました。

ペンギンは進化していくなかで、水中で餌を探すようになりました。

 

海のなかで餌である魚よりも速く泳がなければ、食べていけません。

そこで、水の抵抗を受けにくくするために、足を体に折りたたんでいきました。

 

これを繰り返していくうちに、ペンギンの足は体の中に折りたたまれた骨格になりました。

翼は退化していき、空を飛ぶことはできなくなりました。

 

ペンギンは水中で、より速く泳ぐために、飛ぶということを捨てたのです。

ペンギンの体は水中を泳ぐための構造になっています。

ペンギンの骨は骨密度が高いです。

 

その為、浮力の影響を受けにくいのです。

ペンギンの骨は重くて沈みます。

水中では数百メートルでも余裕で潜れます。

 

骨が丈夫で頑丈なので、水圧で骨が折れたりもしません。

また、ペンギンの首は他の鳥より、短くて太いです。

これも水中で速く泳ぐために適しています。

 

ペンギンは水中を飛ぶともいわれます。

ペンギンは進化によって、水中を自由自在に、楽に、速く泳ぎ回ることができるようになりました。

ペンギンの足は実は長いのではないかについて まとめ

ペンギンの足は実は長いのではないのかということについて、ペンギンの生態とともに紹介してきましたが、いかがでしたか?

ペンギンをレントゲン撮影してみると、実はペンギンは足が長かったのです。

体で隠れていますが、足は長いです!

 

そしてペンギンは鳥ですが、空を飛ぶことはできません。

ペンギンは生きていくために飛ぶことを諦め、泳ぐことを選びました。

その為ペンギンは、とても上手に泳ぐことができるのです。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク