「ポリプテルス・アンソルギー」って知っていますか?

ポリプテルス・アンソルギーは古代魚です。

 

ポリプテルス・アンソルギーは愛好家も多く、人気がありますが、まだ知られていないことがたくさんあります。

スポンサーリンク

ポリプテルス・アンソルギーの生態と飼育方法について、詳しく調べていきたいと思います。

ポリプテルス・アンソルギーとは?

ポリプテルス・アンソルギーとは、ポリプテルス目ポリプテルス科Polypterus属で、古代魚の仲間です。

2006年に日本に初めて輸入されました。

 

ポリプテルス・アンソルギーが学術的に記載されてから、100年ぐらい経って日本に入荷されています。

独特な顔つきと体の綺麗な模様が特徴で、古代魚愛好家に人気です。

天然のポリプテルス・アンソルギーはナイジェリアやギニアビサウ共和国に生息しています。

ポリプテルス・アンソルギーの生態

ポリプテルス・アンソルギーの大きさは80センチぐらいで大型の古代魚になります。

ポリプテルス・アンソルギーの体の色は黄土色です。

 

それに茶褐色のバンド模様が途切れ途切れに入っています。

これをブロッチ模様といって、ポリプテルス・アンソルギーの特徴となります。

 

このブロッチ模様は成長するにつれて消えていきます。

60センチを超えるポリプテルス・アンソルギーには、ブロッチ模様はうっすらとしか残りません。

 

ブロッチ模様がハッキリ出るのは幼魚の時期だけです。

ポリプテルス・アンソルギーには変異個体も多く、斑点があるものもいます。

ポリプテルス・アンソルギーは他の魚より小離鰭が多く、15あります。

 

天然のポリプテルス・アンソルギーの背ビレの数は13~15本です。

下顎が上顎よりも突き出しています。

スポンサーリンク

 

ポリプテルス・アンソルギーの性格は大人しくて丈夫です。

ポリプテルス・アンソルギーの寿命は10年以上となります。

ポリプテルス・アンソルギーの価格

ポリプテルス・アンソルギーはもともと希少で幻の古代魚とされていました。

その為値段も高価でした。

 

最近ではブリーダーによる繁殖が行われているので、価格も下がり入手しやすくなりました。

ポリプテルス・アンソルギーの稚魚や20センチぐらいの個体、70センチを超える個体など様々なものが輸入されています。

参考価格ですが、1.500~70.000円ぐらいで販売されています。

ポリプテルス・アンソルギーの飼育方法

ポリプテルス・アンソルギーの飼育はあまり難しくありません。

ポリプテルス・アンソルギーを飼育する際に必要なものは、90センチ以上の水槽で、必ず蓋が必要です。

 

最終的には150センチ以上の水槽が必要になります。

ポリプテルス・アンソルギーは水槽から飛び出そうとするので、注意しましょう。

隙間のない蓋が必要です。

 

ポリプテルス・アンソルギーの隠れ家になるよう、岩や流木、土管などがあるとなお良いです。

水質は淡水、適温は23~30度、PHは6.5~7.5、硬度は4~15dGHにしましょう。

エサは沈降性の人工飼料がおすすめです。

 

生餌では、金魚やミルワーム、アカヒレなどです。

ポリプテルス・アンソルギーは他の魚に興味がないので、混泳も可能です。

アロワナやダトニオなどの大型種がおすすめです。

ポリプテルス・アンソルギーの生態と飼育方法についてのまとめ

ポリプテルス・アンソルギーの生態と飼育方法について詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ポリプテルス・アンソルギーは丈夫で他の大型の魚と混泳できます。

 

とても大きく育つので、大きさ水槽が必要となります。

ポリプテルス・アンソルギーは体の模様が独特で、見ごたえがありますよ。

興味のある方は是非、飼育してみてはいかがでしょうか?

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク