小学生の頃の理科の実験を彷彿とさせるミジンコ。

今回はミジンコのお話です。

ミジンコの特徴と生態

ミジンコは水中でプランクトンとして生活する微小な甲殻類です。主にミジンコと言われている種類としてはカイミジンコ、ケンミジンコ、ミジンコなどがいます。

スポンサーリンク

世界中に分布していて、日本でも全土の浅い池沼に生息しています。

中型種で体長は1.5~3.5㎜。

体は頭部を除いて二枚貝のような背甲に覆われていて、横から見るひよこのような形をしています。

 

背甲の下に卵を抱えて孵化まで保育します。

ミジンコ目全体の特徴ですが、ミジンコに見られる大きな眼は横から見ると左右あるように思えますが、実際は左右が融合した1つの複眼で、正面から見るとまるでお化けのよう。

 

頭部にははっきりとした吻があり、その下に短い第一触角があります。

体を覆う甲は広卵形で後方の縁には細かな棘が並びます。

後端にある棘状の突起は甲羅の長さの4分の1以下、もしくはない場合もあります。

ミジンコの生態

ミジンコは自分と同じクローンしか生まない単為生殖をおこなう時期と交配して子孫を残す有性生殖期があります。

一般的に通常はメスを産み、生存危機が迫ったときにだけオスを産んで交配すると言われています。

また、エサや水温、日照時間の変化によって休眠卵と呼ばれる卵を作ります。

ミジンコの飼育

ミジンコを繁殖させる目的で飼育する時に必要なものは水槽と都です。

 

まず、水槽は小さいもので大丈夫。ボトル飼育等オシャレなボトルに水草を入れて飼育する方法もありますが、繁殖を目的とするならば、エアレーションが入るものやセットになっているものを購入するのも良い方法です。

スポンサーリンク

 

また、心配な時には水槽を2つ準備する方が酸欠や水質悪化での全滅を防げます。

ミジンコを繁殖させるためにエアレーションがあると便利です。なくても十分繁殖はできるのですが、急激に水質が悪化したときや酸素不足になった時にはピンチを助けてくれます。

 

しかし、エアレーションが強すぎると水流が強く起き、ミジンコが死んでしまう場合があります。エアレーションをつける場合には強さを調節できる二方コック等があると良いかもしれません。

 

エサは基本的に日当たりの良い場所に容器を置いておけば自然と植物性プランクトンやバクテリアが発生するので、それだけで大丈夫ですが、あえて与えるとするならイースト菌がおすすめです。

価格も安く、どこででも手に入ること、またイースト菌自身も繁殖して増えるのでとても経済的です。

 

また、最初からミジンコ飼育用にブレンドされた飼料もありますのでそちらを使うのも便利です。

ミジンコ用の水質を作るために、カルキ抜きした水に鶏糞や藁、もしくは昆虫マットを入れます。これはある程度の有機物を浮遊させるためですが、鶏糞だと少し臭いが気になるので、昆虫マットがおすすめです。

 

ミジンコの水槽を直射日光の当たる場所に置くと一気に苔などが繁殖し、水中が酸素不足になります。

そんな時はエアレーションで酸素を補給するようにしましょう。

ミジンコの繁殖

ミジンコは適正な水質さえあれば1週間くらいで勝手に繁殖し始めます。

最も繁殖しやすい水温は25~28℃で、あとは栄養分を含んだ水があれば勝手にどんどんと増えていきます。

容器内に大量にミジンコが増えた場合はも繁殖活動が抑えられてしまうので、他の容器に移すようにしましょう。

ミジンコの手に入れ方

ミジンコは田んぼや池に行けばいくらでもいます。

しかし、都会で生活している人にとってはそれはそんなに簡単なことではありません。

大丈夫、ミジンコは通販でも販売しています。しかも値段もかなり格安です500匹以上のミジンコが1000円程度で販売されているので、おすすめです。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク