皆さんはイイズナという生き物をご存知でしょうか?

パッと見た感じはオコジョに良く似ていると思います♪

 

真っ白な体にクリっとした目は愛嬌があり、初めて見る方でも一瞬で虜にさせる可愛らしさがありますよ。

スポンサーリンク

今回はそんなイイズナの生態や特徴、そしてペットとして飼えるのかどうかについて紹介していきたいと思います!

不思議な生き物イイズナとは?~生態と特徴について~

イイズナは英名でも「Least Weasel」と言わている通りイタチ科の中でも最も小さいイタチとされています。

イイズナの生態は、食肉目イタチ科イタチ属に属する哺乳類です。

 

生息地は国内だと北海道・本州北部山岳地に生息していて、外国では北アメリカ・ヨーロッパ中北部・アジア中北部などに広く分布しています。

生活環境は、深い森林や平野や田畑などで、比較的寒い地域で生活しているんだそうです。

 

平均体長は約16㎝~18㎝で体重が70g程で、オスに比べてメスは少し小柄です。

体の色は、背中側は茶色で腹側は真っ白で尻尾の先端は茶色ですが、冬になると雪のように全身が真っ白に染まります。

 

体の特徴としましては、細長い胴体に短い手足が生えていて、丸く小さな耳と鼻先そして大きくクリっとした目が特徴です。

イイズナの性格は見かけによらず気性が荒い性格をしていて、自分よりも大きな獲物が現れても躊躇する事なく飛びついて首に噛みつき仕留める強さがあります。

 

行動が非常に素早いので獲物に逃げる隙も与えない狩りのプロなんです。

イイズナが好んで食べるのは、ネズミ・小鳥・昆虫・トカゲなどの両生類・死んだ動物・ウサギなど様々なものを食べます。

 

一日に自分の体重の半分以上の食事をとらなければ直ぐに餓死してしまうので、イイズナにとって狩りは大事な仕事の一つと言えるでしょう!

スポンサーリンク

泳ぐのも得意なようで、時には水中に飛び込んで魚を捕獲する事もあるんだとか。

 

ちなみに天敵となるものは、ワシやタカやフクロウなどの猛禽類と言われています。

イイズナは通常群れを作らず単独行動派ですが、繁殖期に入るとオスメスペアでいる姿がよく見られます。

 

繁殖期は4月~8月にかけて行われ、その間に2回は出産するとされています。

妊娠期間は約5週間で、一度の出産で4匹~6匹の子供を産みます。

 

子育てはメスだけで行われ、4週目くらいまでは親から母乳をもらい生活していますが、8週目には自分で獲物を捕まえ、12週目になると完全に親離れして独立して生きていきます。

イイズナの平均寿命は4年~6年とされています。

イイズナをペットとして飼う事は出来るのか?~イイズナの雑学~

イイズナの可愛らしさからペットとして飼いたいと思われる方も多くいると思いますが、残念ながらイイズナをペットとして飼育する事は禁止されています。

上記でも生態を説明しましたが、見かけによらず意外と凶暴な性質を持っているので、飼えたとしてもかなり苦労するのではないでしょうか?

 

イイズナの生態的に野生で生きるのが向いているかと思います。

そして何より単独行動派という事は縄張り意識も強いと思うので、人間と一緒に生活出来る動物では無いでしょう…。

 

野生のイイズナを見かけたら遠くから優しく見守りながら観察してみて下さいね♪

あの小さな体で狩りを行う姿は生で見るとかなりの迫力があると思いますよ!

イイズナについてのまとめ

今回はイイズナについて紹介しましたが如何でしたでしょうか?

国内でも生息する場所が限られているので、この記事を読んで初めて知った方も多いかと思います。

 

よくよく調べるとイイズナは絶滅危惧種に指定されているようです。

性格は凶暴ですが、見てるだけで癒しを与えてくれるイイズナが絶滅しない事を願うばかりです。

ライターMISAKI

スポンサーリンク