ノコギリクワガタのオスは立派な顎がカッコよく、クワガタの中でも人気のある種類ですが、メスを見分けることはできますか?

今回はノコギリクワガタのメスについて詳しくお話ししていきます。

ノコギリクワガタの特徴

ノコギリクワガタはコウチュウ目・クワガタムシ科・ノコギリクワガタ属の1種。

スポンサーリンク

5亜種に分類されていて、北海毒から屋久島まで日本国内に広く生息している代表的なクワガタムシです。

オスの大あごの内側に鋸のような歯が数多く並んでいることから名前が付けられたと言われています。

個体数も多く、日本でも非常に多くの人に楽しまれている昆虫のひとつです。

体長はオスが24~77㎜、メスは19~41㎜です。

 

オスは体格による個体辺地が著しく、体長が約55㎜以上の大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持ちますが、中型個体では大顎がゆるやかな湾曲となっていて、小型個体では大顎が直線的になり、内歯は均一な鋸状になります。

 

体色は赤褐色から黒褐色で、立派な大顎はメスをめぐるオス同士の戦いのために進化したと考えられています。

メスの体色は赤褐色で、脚も全体的に赤いのが特徴です。

ノコギリクワガタの生態

ノコギリクワガタは平地から山地までの広葉樹の森林、都市郊外の小規模の林にまで生息しています。

成虫の活動期は6月上旬から10月で、広葉樹や照葉樹の樹液などをエサとしています。

 

夜行性で、昼間でも木陰などで見ることができて、樹上の高い所で休んでいることが多いようです。

動きが活発ですが、樹にしがみ付く力は他のクワガタに比べて弱く、樹を蹴飛ばすと死んだふりをしたクワガタムシが樹から落ちてきます。

 

メスは広葉樹の立枯れ野地中部や倒木の埋没部、その周辺に散乱し、卵から孵化までの期間は約1か月。

スポンサーリンク

幼虫は水分を多く含んで劣化の進んだ朽ち木を食べて育ち、2回の脱皮を経て終齢である3齢幼虫になります。

 

幼虫期間は約1~3年で、蛹になるために春から夏にかけて蛹室をつくり、約1か月かけて蛹になり、1か月後に羽化します。

蛹の状態で越冬することはなく、通常は繁殖期を終えた成虫はその年に死滅します。

ノコギリクワガタのメスの見分け方

クワガタムシのメスは一見見るとどれも同じに見えます。

しかし、よく見ると微妙なところに違いがあるようです。

ノコギリクワガタのメスは体長が19~40㎜。

体の色が赤褐色~黒の個体がほとんどで、背中には鈍い光沢があります。

全体的に丸みを帯び、特に横から見ると背中の翅の部分が盛り上がっています。

体の色が赤褐色なことと、体の丸みからヒラタクワガタとの見分けもつきやすく、ミヤマクワガタとは顎の形状と大腿の色で区別がつきます。

 

ミヤマクワガタのメスはひっくり返してみると大腿の色がオレンジ色をしています。

また、土に産卵することから、穴を掘るための太くて立派な横に広い顎を持っています。

これらの違いはひっくり返してよく観察するとすぐにわかることです。

 

オオクワガタのメスの体長は25~50㎜とかなり大型で、これが最大の特徴です。

全身が真っ黒で光沢が強く、背中にはっきりとした筋が入っているので、ヒラタクワガタやノコギリクワガタとの区別がつきやすく、コクワガタと比べると全身に艶があります。

ヒラタクワガタのメスは体長が19~42㎜。背中はツルツルしていて、ぼんやりと筋が入っています。横幅が広く脚が太いのが特徴で、前足が外側に曲がっています。

 

コクワガタのメスと区別するのが難しいのですが、前足の頸節が外側に曲がっているか同化で判断するのが一般的です。

コクワガタのメスは体長が12~30㎜、他と比べて一回り小さいのが特徴。

背中には艶がなく、胸部のくびれがはっきりしています。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク