アリは、アリでも羽のついているアリ、『羽アリ』についてご紹介します。

羽アリってどんな生き物?

アリは普通、翅がありません。地面を這うアリも、家の灯りにつられて集まるアリも、同じアリの種類と言え一概に「羽アリ」という種類のアリがいるわけではないのです。

では、どういった点に違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず地面を這うアリは、『働きアリ』という種類になり、翅がつくアリ…通称『羽アリ』は、若いオス・メスのアリについています。女王アリなどにも立派な翅がついています。

『働きアリ』には、子どもを産む力(産卵機能)がないメスのアリばかりで、若い羽アリたちが空で交尾をして子孫を残していると考えられています。

羽アリの特徴・特性

羽アリの男女によって特徴が異なります。

 

それは、メス羽アリの方が大きく立派であることです。

羽アリたちは、生き延びる為に女王アリは若いオスの羽アリたちと共に、新天地で子孫を増やす為に空中で交尾をしながら、地上に降り立ち巣を作り子孫を増やしています。

空中で交尾をしている間は、一生分の精子を体内にため込むそうです。女王アリ凄いはですね。

スポンサーリンク

 

新天地では、オスの羽アリたちは交尾をした後力尽き亡くなりますが、女王アリは子孫を残す為に巣で子どもを産みます。

その際には、翅を取って巣作り・産卵を頑張る為、この時点で女王アリは働きアリになるというサイクルの誕生です。

羽アリの豆知識

家にやってくる羽アリたちはどうして集まるのでしょう。シロアリ駆除と同等に羽アリの駆除も依頼される方多いのではないでしょうか。

羽アリが家にやってくる理由として、①光に集まる②匂いに集まる③巣作りに最適な土・環境であるという点が挙げられるのではないでしょうか。

羽アリそのもの特に女王アリを駆除しないことにはどうにもなりません。業者を呼んで駆除してもらうのが一番の策であると言えます。

また、家に居た羽アリを捕まえて、業者に見せると何の種類の羽アリか判断してもらえるので、数匹捕まえられたら捕まえておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

羽アリについて案外知らないことが多かったのではないでしょうか。

羽アリが発生しやすい時期は、春~初夏にかけてと言われております。今の内に対策をしておくと良いですね!

(ライター:Teyo)

スポンサーリンク