皆さんはガガンボという生き物をご存知でしょうか。

今回は、ガガンボについてご紹介します。

ガガンボってどんな生き物?

ガガンボは、ガガンボ科に属する昆虫です。世界中に存在し、日本でも数多くみられます。

スポンサーリンク

ガガンボは、大きい蚊(大蚊)と書いて現されますが蚊ではない為、吸血はしません。

ただし、弱いというところが最大の特徴です。飛ぶ速度も遅く、死骸もすぐバラバラになります。

ガガンボの種類?

日本各地で呼び方は様々です。成虫の場合は次のように「カトンボ」「アシナガトンボ」「カゲロウ」「ショウジハリ」と呼ばれることもあり、幼虫の頃には「イネノネキリムシ」と呼ばれることもあるそうです。

本州・四国・九州地方に生息しているガガンボは、「キリウジガガンボ」「ミカドガガンボ」という種類がいます。

スポンサーリンク

日本全国で見られるガガンボは、「ベッコウガガンボ」という種類です。

ガガンボに似た生き物?

ガガンボは、ガガンボに似たガガンボモドキという昆虫もいますが、一番よく似ているのはやはり「蚊」ではないでしょうか。

大きい蚊に似ているので、一瞬、血を吸われるかもと警戒しちゃいますが、吸血はしませんし、人に害を及ぼすことはないので、安心してください。

種類・雑学など

ガガンボは光に誘われる傾向にあり、工場などに潜りこみ異物混入の危険があります。また、幼虫の頃には、水中や地中で生活をする為、地中の作物の根などを食べてしまう害虫としてカテゴリーされます。新鮮な植物や枯れた植物などを食すという性質もあります。

 

成虫は花の蜜などを摂取し、10日ほどでなくなります。短い命です。

天敵として、成虫になるとスズメバチや鳥などに狙われ、幼虫の頃には寄生菌が天敵となります。弱い虫なのに、天敵がこんなに強いとなるととても可哀想ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ガガンボについて知って頂けましたでしょうか。ガガンボはとても弱い生き物ですので、見てくれ的に仲良くできそうにはありませんが、見つけたらそっとしてあげていただけたらと思います。

(ライター:Teyo)

スポンサーリンク