皆さんは、アキクサインコという種類のインコをご存知でしょうか?

今回は、アキクサインコについてご紹介いたします。

アキクサインコってどんな生き物?

オウム目インコ科キキョウインコ属に属しているインコが、『アキクサインコ』です。見た目は、薄いピンク(赤)でとても綺麗な印象を受けます。

スポンサーリンク

原産国は、オーストラリアです。キキョウインコ属というだけあって、見た目はキキョウインコのように小柄で可愛らしいです。

基本的に、ペアか群れ(10~30羽くらい)で生活しています。

夕方頃、水を求めて群れで飛び回るので、『ナイトパイロット』という別名があります。

アキクサインコの特徴は?

アキクサインコの身体の色は、地面で餌を獲るときにカモフラージュをする為にピンク色や褐色の色になっています。

ペット用としてカラフルなカラーのアキクサインコが増えましたので、ブルーやグリーンなどの色のアキクサインコもいます。

 

また、静かな環境が好みで、急な変化を好みません。穏やかな性格で、日中はあまり活動をしないインコです。

先ほど、『ナイトパイロット』という点を挙げましたが、その名の通りで活動時間は夕方から夜です。

その為、飼育する場合には朝・夕のお世話のみで充分と言えるでしょう。

アキクサインコの寿命は?

アキクサインコの寿命は、8年から15年ほど生きるそうです。

スポンサーリンク

中には、長生きしたアキクサインコもいるようなので、飼育の方法などによっては15年以上生きるかもしれません。

体調管理・環境整備を大切にしてあげることで長寿になると思いますので、ぜひしっかりと飼育してあげてください。

アキクサインコの飼育方法

寒さに強く、丈夫なところも魅力のアキクサインコは、日本でも飼えます。

飼う際には、大きめのゲージ(45センチ以上)で、夏は風通しのいい日陰、冬はヒーターなどで保温してあげると良い環境です。

 

温和な性格ということもあり、クチバシでゲージを壊したり、木を噛んだりということがない為、飼育しやすいインコです。

鳴き声も比較的に小さく可愛いです。

 

人間に甘えたり、飼い主に従順だったりする可愛い鳥なので、手乗りインコになってくれます。

ただ、お喋りは苦手なようです。

 

ただし、臆病な一面がありますので、驚きやすくパニックも起こしやすい点や人にベタベタ触られたり、構われたりすぎるのは苦手なようです。

ただし、一羽ではいられないので、愛情を注いであげることを大切にしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ペットとしても人気のあるアキクサインコ、ペットを飼い始めようかと思っているのでしたらオススメのインコなので、ぜひペットショップへ!

(ライター:Teyo)

スポンサーリンク