でーんでんむーしむしかーたつむりー♪の歌でお馴染みの「カタツムリ」。

紫陽花の葉の上で、雨水を浴びている姿がとても素敵ですよね。

 

そんなカタツムリの卵を見たことがありますか?

スポンサーリンク

今回はカタツムリの生態や卵について調査してみました。

カタツムリって?

「カタツムリ(蝸牛)」は、陸に住んでいて殻がある巻貝です。

カタツムリは軟体動物の貝類です。

日本には約700種類のカタツムリが生息しているそうです。

カタツムリは基本的に、ジメジメとした湿度のあるところに多く生息しています。

 

ですが、カタツムリは種類によって海岸や畑、山や岩など、生活する場所が違ったりもします。

種類によっては、砂漠で生活できるカタツムリもいるんですよ。

 

カタツムリはゆっくりゆっくり動きますよね。

カタツムリの時速は48メートルぐらいです。

 

芋虫とカタツムリを競争させたら芋虫が圧勝します(笑)

カタツムリの寿命は約1年半~4年だといわれています。

 

カタツムリには危険な寄生虫がいます。

カタツムリの寄生虫は、人間の体の中に入るととても危ないです。

カタツムリを触った後は必ず手を洗いましょう。

カタツムリの形態

カタツムリの大きさは種類によって変わります。

日本に生息しているカタツムリは、1~60mmまで色々な大きさがあります。

 

外国には40cmほどのカタツムリも生息しています。

カタツムリは有肺類で、頭に大小2対の触角があります。

 

大きい触角の先には眼があります。

頭の下には口があります。

 

体は軟体部と呼ばれています。

殻軸筋と呼ばれる筋肉で、軟体部が殻にくっ付いているんですよ。

 

この殻軸筋を使って、体を殻のなかに入れたりしています。

殻と軟体部を離すと、カタツムリは死んでしまいます。

 

カタツムリの殻を取ったらナメクジにはなりません。

スポンサーリンク

カタツムリの殻には、右巻きと左巻きがあります。

この殻の巻き方は、種類によって決まっています。

カタツムリの卵

カタツムリの卵は球形で、3ミリぐらいの大きさです。

大きいもので100円玉ぐらいの卵もあるそうです。

 

卵は真っ白い色をしています。

その卵の殻は炭酸カルシウムが成分です。

 

たまに殻が寒天質であることもあります。

卵は薄い粘膜で覆われています。

カタツムリの産卵

カタツムリの産卵は5~7月頃が多いです。

交尾の10日後に産卵します。

 

産卵場所は、木の根元や朽木の下などの土の中に産みます。

頭から土に潜って、殻までしっかり潜らせます。

 

2時間かけて土に潜るんですよ。

そして頭を下にして産みます。

 

カタツムリの首の横にある穴から卵を産みます。

5~10分おきに1個ずつ、合計20~60個の卵を産みます。

 

卵の数にもよりますが、産卵には10時間以上かかります。

一部の種類のカタツムリは卵胎生で、卵を胎内で孵化させて産むこともあります。

カタツムリの赤ちゃん

カタツムリの卵はだんだん薄茶色に変わっていき、1ヶ月ぐらいで孵化します。

カタツムリの赤ちゃんは、産まれた時からカタツムリの形をしています。

 

体長は約2ミリでとても小さいです。

ちゃんと殻も付いています。

巻きは少ないですけどね。

カタツムリの赤ちゃんも冬眠するんですよ。

カタツムリの卵についてのまとめ

カタツムリの卵について生態と共に紹介してきましたが、いかがでしたか?

カタツムリは首から卵を産むということにビックリしましたが、産卵に10時間以上もかかるということにもビックリしました。

 

カタツムリの卵を見るには、カタツムリを飼育して産卵させることが一番適しているようです。

カタツムリを飼育するのも楽しいですよ。

産卵の為にふかふかの土を用意してあげましょう。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク