ヤスデという昆虫の実態をあなたは把握していますか?

ムカデでもゲジゲジでもなく、ヤスデです。

 

このヤスデ、果たして人間を噛んだりするのでしょうか?

スポンサーリンク

そして、毒はあるのでしょうか?

今回はヤスデについて詳しくお話していきます。

ヤスデの特徴と生態

ヤスデは多足亜門ヤスデ網に属する節足動物の総称です。

ムカデのように細長くて、沢山の脚のある昆虫なのですが、ムカデとは生殖口の場所や脚の付き方など、明らかに違いがあります。

大きさも2㎝ほどのものが多く、ムカデよりは小型です。

また、肉食のムカデとは違い腐食食性なので、キノコなどの菌類や落ち葉、生ごみなどを食べるのも特徴的です。

 

目もあるものとないものがいたりと様々。

世界最大のヤスデはアフリカオオヤスデやタンザニアオオヤスデといって30㎝ほどあるものもいます。

 

毒も持っているものといないものがいます。

ちなみに日本の最大級のヤスデは沖縄にいて、ヤエヤママルヤスデといって7㎝ほどだそう。

 

日本のヤスデは8~10月にかけて交尾をし、150~300ほどの卵を産みます。

10月頃には幼虫になり、越冬しながら脱皮を繰り返し、徐々に体節と脚の数が増えて大きくなります。

 

翌年の6~7月には成虫になり、産卵し、短い命を終わります。

ムカデ同様夜行性なので、高温多湿の夜や曇ったどんよりとした日に活発に活動しているようです。

ヤスデは咬むの?

結論から言ってしまえばヤスデは咬んだり、刺したりはしません。

日本に生息するヤスデはムカデのように顎に毒性を持っているわけではないので、噛まれて危険なことはないのですが、体から出す体液には多少の毒があります。

 

ヤスデは攻撃されると防御の為に悪臭を放ちます。その悪臭の正体が、体表にある毒腺から出す刺激物で、青酸やヨードなどの成分が含まれているのです。

スポンサーリンク

この液体は皮膚につくと痛みを感じる場合もあり、誤って目に入ってしまった時等は結膜炎を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

ヤスデ自身も瓶の中などで仔の臭いを嗅ぐと、死んでしまうのだとか・・・。

その他のヤスデの害

ヤスデは一か所に大量に発生する習性があります。

都市部で時折被害を及ぼしているのはヤケヤスデという種類で、線路上に大量発生して、電車の車輪がスリップするほどの事態が報道されることもあります。

彼らは生殖時期や越冬前に群れる習性があることが分かっていて、このような被害は6月と9~10月などの時期的なもののようです。

 

多くの種類のヤスデは都市部や近郊には現れず、森の中の落ち葉の中や土の中で暮らし、せっせと腐葉土を作っているので、被害をもたらすヤスデは全体の内のほんの一部の種類なのだそうです。

ヤスデの天敵

ヤスデの天敵は昆虫類、爬虫類、両生類、鳥類になります。

しかし、積極的にヤスデを捕食する天敵はいないようです。

 

その原因として、やはりヤスデが体から出す臭い液体が関係していると考えられています。

防御する固い殻などは持ち合わせておらず、敵に襲われるとただただ丸まるだけなのですが、臭液だけはかなりの武器になっているようです。

ヤスデの駆除

ヤスデが家の中に侵入するのを防ぐためには、家の周りを清潔にしておくことが必要です。

ヤスデは腐植土のようなふかふかとした土や朽ちた木などを好みますから、建物の縁周り一帯にそのようなものを置いておかないことや除草が大切になってきます。

 

周囲をぐるりと綺麗にしたら、そこに有機リン系の油剤や乳液を散布しておきましょう。

腐ったものを置かないこと、風通しをよくし、常に乾燥させておくことが重要なポイントです。

さらに、窓のサッシ部分やドアの隙間などにもしっかりと薬剤をスプレーしておくのも有効的です。

スポンサーリンク