ベゴニアは、シュウカイドウ科・シュウカイドウ属(ベゴニア属)に属する植物の総称です。

ここではベゴニアについて紹介します。

ベゴニアって多年草?

ベゴニアは、春から秋までの長い間、花を咲かせます。

スポンサーリンク

しかし、冬は寒さのために株が傷んで枯れてしまうことが多いです。

というわけで、一般には一年草として扱われています。

ただ、温度を15度以上に保てば、ベゴニアは冬を越すことができます。それから花も咲きますので、本来は多年草なんです。

冬は水やりを控えて、乾燥気味に管理するとよいでしょう。

ベゴニアの生態

ベゴニアは、熱帯から亜熱帯地方の原種を交配し、多くの種や品種がつくられました。そのため性質が多様です。

共通する特徴は、葉のかたちが左右非対称で、ややゆがんでいることと、花は雌雄別であり雄花は4枚、雌花は5枚の花びらをもつことなどです。

ちなみにベゴニアには「木立性」「球根性」「根茎性」と大きく分けて3つの種類があります。

ベゴニアの季節

ベゴニアは3~4月下旬に植え替えをおこないます。

ただし、木立性・球根性・根茎性によって若干時期と方法が違うので注意です。

木立性ベゴニア

3~4月下旬ごろを目安に、2年に1回ほどの頻度で植え替えをおこないます。

鉢底から根が出ていたり、水もち、水切れが悪くなったりしたら植え替えです。

 

植え付け時と同様に、周囲の根を3分の1ほど切り落としてから、ひとまわり大きい鉢に植え替えます。

また、水はけがよく、酸性で有機質が豊富な土を好みます。

室内に植える場合は、腐葉土がにおいを放つので注意が必要です。

球根性ベゴニア

4月ごろが適期です。

芽が隠れる程度の浅植えで、植え替えののち、およそ3ヶ月で開花します。

スポンサーリンク

 

2月ごろに植え替えをおこなうと、開花期を早めることができます。

なお、水はけがよく通気性と保水性のある土を好みます。

根茎性ベゴニア

3月下旬以降に植え替えをおこないます。

横に広がる性質があるので、65センチのプランターに4株ほどを目安に植えていきましょう。

 

距離を取るぶんには問題はありませんが、近すぎると根腐れを起こすので注意が必要です。

ちなみに、水はけがよく軽めの土を好みます。

ベゴニアのその他雑学など

ベゴニアは、原種が2000以上、園芸品種が10000種以上もあります。

また、ベゴニアには、特徴的な葉を愛でたり、花びらのかたちを好んだりと、さまざまな楽しみかたがあります。

以下はベゴニアの代表的な品種です。

ピンク・ミュージアム

木立性のベゴニアタイプで、ハートのような葉とピンクの花びらが特徴です。

バウレンシス

根茎性ベゴニアの品種で、花びらの裏側から赤いトゲが生えています。

葉は緑色で先が尖って紫色で縁取られています。

グラナダ

球根性ベゴニアの一種で、葉は大きく尖っています。

赤茶に縁取られ、緑の葉には白い葉脈があります。

ベテルギウス

レックス・ベゴニアタイプで、サイズが大きく、先が尖った葉が特徴的です。

葉脈は濃赤茶色です。

基本は赤みを帯びた銀白色ですが、日光をたくさん浴びると全面紫赤色の葉になります。

ダネードー

エラチオール・ベゴニアタイプで、真っ赤な花びらと大小の花びらが重なっている品種です。

花びらは先端ほどに小さくなるという、特徴的なかたちをしています。

アンバサダー・ローズフラッシュ

センパフローレンス・ベゴニアタイプで、一重咲きのピンクの花びらと、つやのある緑の葉が特徴的です。

花びらが濃いピンクで縁取られており、たくさん咲くと、バラのようにも見えます。

ラブ・ミー

冬咲きベゴニア(クリスマス・ベゴニア)の一種で人気の品種です。

4枚の花びらは、ピンクで一重咲きです。

その愛らしい姿からラブ・ミーという名前が付けられました。

ベゴニアのまとめ

以上、ベゴニアについていかがでしたか?

 

ベゴニアは種類が多く、また、種類によって好む環境が異なるので手間がかかる植物といえます。

しかし手間がかかるぶん、愛着がわきますので、たいへん人気があります。

興味を持たれた方は、ぜひ育ててみてください。

(ライター ジュン)

スポンサーリンク